• 阿倍野のカフェうさぎとぼくの店舗情報ページ
  • 阿倍野昭和町のカフェや雑貨店などの情報ページ
  • うさぎとぼくオンラインショップ・通販

カフェは「場所貸し」なのか

定休日、コーヒーを飲みながら事務仕事…

定休日、コーヒーを飲みながら事務仕事…

祝日ですが、今日は定休日。
少しゆっくりめに起きて作業をしています。

さて…、

Twitterでは、コーヒー関係や昭和町エリアなどリストに分けてツイートを読んでいるんですが、コーヒー関係の商売をしてらっしゃる人で「喫茶店は場所貸しと認識するべき」ということを書いてらっしゃる人がいました。

googleで検索してみると、意外とそんな感じの方が多いようで、個人的にはビックリ。

スタバ、コメダ、マック、ファミレスなどチェーン店は別にいいと思うし、知ったことではないんですが、個人店では違うだろうなぁ…と。
利便性の追求に特化できないし、同じ土俵に上がってはいけないですよね。

お店では「カフェは場所貸しでしょ」「別に場所があれば、この店でなくてもいい」という認識を持ってご来店いただく場合にはあまり来てほしくないです。
特に上から偉そうに言ってるわけではないんですが、そういう人ってお店の雰囲気と合わない場合が多い。自分たちが提供している価値とズレがあるのが理由でしょうか…。

やっぱりこの店じゃないと…という人に、そんなタイミングのときに来てほしい。
ウチもそんなお店でありたいなと思っています。

お店での過ごし方はお客様によってそれぞれ。
気持ちの切り替え、ゆっくりと考えごと、おしゃべり、読書、お仕事…。

そこにはお客様の主体性がもちろんあって、色んな過ごし方があると思うんですが、個人で営むカフェや喫茶店は「場所を提供している」だけではなく、お店としてトータルの体験として感じてほしいもの。
そういった意味では、個人的にテーマパークやアミューズメントに近いものなのかな…とも思っています。

お店として「こんな人にこんな感じ方や愉しみを方をしてほしいなぁ、喜んでくれるだろうなぁ」というのがあるので、その価値観に合う方にご来店いただければ。
個人のカフェや喫茶店って、人が中心にあって、もっと共感や関係性に寄り添ったもの。

そういうものなんだろうなぁ…と。

The following two tabs change content below.
ウワグチ タカキヨ

ウワグチ タカキヨ

店主うさぎとぼく
大阪・阿倍野昭和町にある築80年の長屋で営む珈琲店「うさぎとぼく」店主。魚座、O型。元福祉職、キャリアカウンセラー。精神保健福祉士。現在、セミナーの準備中です。 左側のアイコンは店主個人のSNSアカウントです。