• 阿倍野のカフェうさぎとぼくの店舗情報ページ
  • 阿倍野昭和町のカフェや雑貨店などの情報ページ
  • うさぎとぼくオンラインショップ・通販

夫婦の結婚記念日に思うことと、これからの新しいこと

先日は結婚14周年でした

先週に夫婦2人とも体調を崩したので、ボチボチと胃に優しいものを取りながら体調を整えているところです。
美味しいものを美味しいと言いながら食べれるというのは、当たり前だけど幸せなことなんだなぁ…と。

そんななか、うさぼく夫婦は14周年の結婚記念日を迎えました。
同じ生活がずっと続くわけでもないし、毎日何が起こるか分からないなかで、夫婦共々変わらず節目を迎えられるのはありがたいもの。
毎年のことですが、年寄りみたくしみじみと感じます。

ケンカすることはほとんどないですが、他人同士がひとつ屋根の下で生活しているので何か起こって当たり前。
離れて過ごすのは年に数回、1日のうちの数時間。仕事や生活も含め四六時中一緒。これからも色々とあるかも知れないですが、平穏に暮らすことができればと。

そんなことを思っています。

昨年に書いた記事もリンクを貼っておきます。

うさぼく夫婦、6月12日で結婚13周年を迎えました。 今日は営業終了後に所用があるので、夫婦でのお祝いは翌日できればと思っています...

店主の新卒後に福祉施設で同僚として働きはじめて、転勤や転職もありちょっと離れたりもありましたが、その間も施設の仕事の手伝いはちょこちょこと。
その後、お店を一緒にはじめて5年半。同僚としても12年以上になりました。

生活や仕事に対する価値観、お商売に対する考え方なども福祉施設から一緒に働いてきたなかで積み重ねてきたこと。

食事をしながら仕事のこともよく話すんですが、新しいことに取り組むときでも基本的な方向性や考え方が一致しているので話が進みやすいです。
店主自身は口下手なほうなので、夫人が考えていることを聞くことが多いんですが、自分が考えていることをそのまま言葉にしてくれているような感覚。
あとは枝葉の部分を詰めていくだけになります。

そんなこんなで、昨日話をしていたのはイベントのこと。

ずいぶん先の話になりますが、11月5日(日)に長池公園で開催される「昭和のまちのバイローカルマーケット」。
思いがけずお誘いいただいたので、参加することになりました。

労力がかかりそうなことには手を出さず、イベントには参加しないと思われがちなうさぎとぼく。
外部イベントに参加するのは、実に5年ぶりになります。

本厄なので厄払いにも良いかなぁ…と。

先日の昭和の日のイベントのように、日頃お越しいただいているお客様にも特別さを感じてもらえるものが作れたら。
大まかなイメージは1日でできたので、あとはお話を作ったり細かなところを詰めて、発注したりなどなど。
今回はコラボではないので、うさぎとぼくらしさをどう外に持ち出すかが課題になるのかなと思っています。

お店として考えていることなどは、おいおいお知らせしていければ…と。

ではでは。

昭和のまちのバイローカル Facebook

The following two tabs change content below.
ウワグチ タカキヨ

ウワグチ タカキヨ

店主うさぎとぼく
大阪・阿倍野昭和町にある築80年の長屋で営む珈琲店「うさぎとぼく」店主。魚座、O型。元福祉職、キャリアカウンセラー。精神保健福祉士。現在、セミナーの準備中です。 左側のアイコンは店主個人のSNSアカウントです。