• 阿倍野のカフェうさぎとぼくの店舗情報ページ
  • 阿倍野昭和町のカフェや雑貨店などの情報ページ
  • うさぎとぼくオンラインショップ・通販

バイローカルへのご来場ありがとうございました、この賑わいが日常に繋がればいいなぁ

店主の愛想の良さもイベント限定、写真撮影をお願いされることが多かったです。

インスタ枠も持って行ったんですが、夫婦の写真を撮りたいという方や一緒に写真を撮ってほしいという方が多かったです。
舞台のなかで、ずっとピースしていました。
イベント当日の店主の愛想の良さに便乗したという方も。

また「お店はどこにあるんですか?」と聞かれることもあり、まだまだお店が知られていないということも実感しました。
出店してみないと分からないことも。5年ぶりの外部出店は色々と気づきのあるイベントになりました。

さて…、

昭和のまちのバイローカル2017が終了しました。
ご来場いただいたみなさまありがとうございました。

当日の様子を投稿いただいたお客様から写真を色々とパクって振り返り。
客観的に自分たちの様子を見れるので、たくさんの投稿を見れるのはありがたいです。

当日までの様子は、バイローカルのブログが丁寧にまとめてくださっていますので、そちらをご覧いただければと思います。

あべの天王寺なう!さんでは当日の様子を記事にしてくださっています。

長池公園で11月5日、地元選りすぐりの40店が出店した「昭和のまちのバイローカル(バイローカルマーケット)」が開かれました。にぎわうバイローカルマーケット昭和町で昭和の日の4月29日に開催される「どっぷり、昭和町。」の中で2013年に初開催され、今年は初めて単独開催

開店時には行列になっていました

準備が終わり開店するときにはすでに行列。

天気も良く予想以上のお客様。準備が終わり開店するときにはすでに列ができていました。列を見て諦めたお客様も多かったみたい。
8時半ぐらいから公園で待機していたお客様もいたもんなぁ。列を見た瞬間に「並んでいる人たちだけで早く商品が終わるなぁ」と。
実行委員の方が気を使って地面に線を引き、列を整理してくださっていました。お気遣いに感謝です。

当日の投稿もたくさんいただきました

お客様の投稿を中心に。

写真は勝手にパクってきました。すいません。
どれも楽しげな投稿が多かったです。

本当になんというか、お客として行きたかった…。

Instagramのハッシュタグ 「#昭和のまちのバイローカル」「#うさぎとぼく」、チェックインスポット「昭和のまちのバイローカル」で見ていただくと、いくつか投稿がご覧いただけるかと思います。

完売後は舞台も自由にお使いいただいていたので、自由にこんな楽しげな動画を撮っているお客様も。

終了後もブースの写真を撮影するお客様が多かったです。店主はインスタ枠を使ってお客様と写真撮影などをしていました。
お店の人と一緒に写真を撮りたいという需要もあるようです。イベントならではのことでしょうね。

バイローカル当日に販売した商品

バイローカル当日に準備した商品

一番人気はコールドブリューコーヒーだったでしょうか。
ミルクコーヒーのプリンやコーヒーゼリーも列の早くで売り切れました。

開店すぐに並んだのに目当ての商品が手に入らなかったというお客様も多かったです。ごめんなさい。
投稿を見ていると「買えなかった」というコメントがイチバン多かった。この埋め合わせはどこかでできればと思います。

屋外イベントに出店するときは、引き続き「劇場」をテーマに。
今回は舞台づくりなどが忙しくて手が回らなかったけど、前回のうさぎとかえるのイベントのように物語も作れたらと思っています。

その他には…

当日限定のショップカードや店頭のポップに載せたQRコードを読むと表示されるページ。こんなページも用意していました。イベント終了後にうさぎとぼくへ繋げるための仕掛け。

店主がサイコパスとの評価をいただいており、情報のないまま直接来店いただくとアレなので、うさぎとぼくの導線はいったんSNSを経由していただく流れにしています。

バイローカルマーケットへのご来場ありがとうございます。 良いお天気、たくさんの人で賑わう良いイベントでしたね。 うさぎとぼく...

ウチよりもガッポリ儲けていたfudanさんとrisarisaさん。

おわりに…

ともかく、ありがとうございました。

ただ、イベントはキッカケというだけの話。

イベントに来場いただいたお客様にどれだけ日常的に足を運んでもらえるようになるかで、成否が決まるんじゃないかと思っています。
目的はそこなので。むしろイベントは本番ではなくて、終わった後が本番ということ。

当日のパンフが余っているので店頭に置いています。
参加店の情報がまとめられ地図が載っているもの。
用事あってイベントに足を運べなかった、当日のパンフをもらうのを忘れたという方は、ぜひパンフを手にとって地域のお店の情報を知っていただき足を運んでいただければと思っています。

ではでは。

終了後はぐったり。ぼくはもうつかれたよ…

オマケ

イベントの翌日に…

関連記事 (あわせてお読みください)
阿倍野・長池公園で「バイローカルマーケット」 地元よりすぐりの40店が出店 – あべの経済新聞
【動画】阿倍野・長池公園で人気店40店が集結する「バイローカル」開催へ 参加店主に聞く – あべの天王寺なう!

The following two tabs change content below.
ウワグチ タカキヨ

ウワグチ タカキヨ

店主うさぎとぼく
大阪・阿倍野昭和町にある築80年の長屋で営む珈琲店「うさぎとぼく」店主。魚座、O型。元福祉職、キャリアカウンセラー。精神保健福祉士。現在、セミナーの準備中です。 左側のアイコンは店主個人のSNSアカウントです。