2020/08/03(Mon) 09:30 - 18:00
店頭販売+カフェ営業

自転車も仕事も、あせらずにゆっくりと走ったほうがいいですよね

この記事は約2分で読めます。
最近は自転車に乗って買い出しに行くのが楽しいです。

最近は自転車に乗って買い出しに行くのが楽しいです。

少しずつですが、店主の自転車に食いついてくれるお客様も増えてきました。

先日買った買い出し用の自転車「リキシャタンク」。先週から少しずつ運搬自転車っぽくレトロにカスタマイズしているところ。なかなか納得できる感じに仕上がりそうです。

営業終了後の買い出しはもっぱら自転車で。

自転車の感覚を忘れるくらい乗っていなかったので、乗るたびに目の位置の高さや走るスピードに感動を覚えています。
もう、iPhone3Gをはじめて手にしたときの感動と同じくらい。

いやぁ、すばらしいですね、自転車って…。

さて…、

店主が必死な形相で自転車を立ちこぎしている姿や猛スピードで走ってる姿。あまり想像がつかないと思います。
もちろん立ちこぎなんてしないし、坂道ではすぐ降りる。ゆっくりチンタラと。6段階の変速もついているんですが、仕組みもちょっと分からないので変えることはないです。

ラクにスピードが出るのはもちろん良いことなんですが、スピードを出せば出すほど視野が狭くなっていくんですよね。フォーカスが絞られていく感じでしょうか、周りに注意がいきにくい。
歩いていたときには気づけていたことに、やっぱり気がつかなくなる。

仕事でも、バタバタと慌ただしくしていたり時間に追われていたりすると同じような状況に。集中力は増すんですが、周りのことが見えなかったり、大切なことを見落としていたり、思考パターンも限定されたり。冷静な判断ができなくなるんですよね。

自分が正しい道を走っているのかどうかすらにも気づけなくなるかもしれない。

そんなことを思っています。

自転車も仕事も、あせらずにゆっくりと、ココロの余裕を持って走るのがいいですね。
そのほうが何事も上手く行きやすいんじゃないかな…と。

という、自転車の写真を使いたかったので、上手くまとめてみようと書いた話でした。

ではでは。

Translate
タイトルとURLをコピーしました