• 阿倍野のカフェうさぎとぼくの店舗情報ページ
  • 阿倍野昭和町のカフェや雑貨店などの情報ページ
  • うさぎとぼくオンラインショップ・通販

製造が終了したショコラキューブ、来年も販売できそうです

昨年までの予定だったショコラキューブ

昨年で終了の予定だったショコラキューブ

クリスマス商戦まっただなかですが、うさぎとぼくは戦場におもむく予定がないので、バレンタインの話をしたいと思います。

うさぎとぼくでバレンタインと言えば、ご存知の方はご存知のアレですね。

毎年、バレンタイン時期にお店で販売していたショコラキューブ。
今年の春に障害のある方が通っていた工場(こうば)が閉鎖になったので、今後の販売はできなくなりました…とアナウンスしていました。

お店で必ず使うウサギ型のビスケットは、別の福祉施設のレシピで形だけ同じにしてもらうことで対応。他の焼菓子については製造が難しそうなのであきらめることに…。

で…現在、障害のある方は働いていないんですが、工場で残ったスタッフさんがひとり、知人が営む牛乳配達屋さんの空きスペースを間借りして、焼菓子の製造をひっそりと続けておられるそうです。
彼女の今後のキャリアを考えると心配になるし、細々と書くとアレなので割愛しますが…、そんな情報をNPOのスタッフさんから聞きました。

牛乳屋さんで間借り。
なんとなく漂う昭和の香りと、野島伸司の書くドラマの雰囲気。

もう障害のある方が働いていないので、自分たちの本分である「障害者支援」とは離れるんですが、店主個人としてはもう10年以上のつきあいがある方なので、引き続き関係を続けていければなぁ…とそんな風に思っています。

そういうのも良いですよね。

固定電話やメールはなくなった様子。でも、携帯だけは繋がりました。
依頼をこころよく引き受けてくださいました。

ということで、量など細かなことはまだ打ち合わせていないですが、年明けのバレンタインシーズンもショコラキューブを製造いただく予定になっています。

とりあえの報告でした。

店主も好きなお菓子なので良かったです。

The following two tabs change content below.
ウワグチ タカキヨ

ウワグチ タカキヨ

店主うさぎとぼく
大阪・阿倍野昭和町にある築80年の長屋で営む珈琲店「うさぎとぼく」店主。魚座、O型。元福祉職、キャリアカウンセラー。精神保健福祉士。現在、セミナーの準備中です。 左側のアイコンは店主個人のSNSアカウントです。
製造が終了したショコラキューブ、来年も販売できそうです
この記事をお届けした
うさぎとぼくの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

うさぎとぼくの情報をチェックする