• 阿倍野のカフェうさぎとぼくの店舗情報ページ
  • 阿倍野昭和町のカフェや雑貨店などの情報ページ
  • うさぎとぼくオンラインショップ・通販

新しいドリッパーとサーバー入荷しました

KINTO SLOWCOFFEESTYLE
KINTO SLOW COFFEE STYLE

ブログではほとんど書かない商品の話です。

以前ご紹介したカラフェセットに続いて、新しく発売になったKINTOのプラスチックブリューワー(ドリッパー)とコーヒージャグ(サーバー)を入荷。取り扱いをはじめました。
それぞれ、2カップ用と4カップ用。

ハリオの透明のドリッパーなどとも合わせてみたんですが、ビジュアル的にはこのクリアグレーとクリアがしっくりくるような気がします。
パッケージも含めてデザイン性が高いのはさすがだなぁ…と。
お店の棚にディスプレイしていても良い感じだし、プレゼントにも喜ばれそう。

元々、店主自身がエアロプレスにしっくりくるサーバーが欲しくて、カタログでこのコーヒージャグをパッと見たときに、いいなぁと思ったんですね。
サードウェーブ系のお店なんかでは理科の授業で見るビーカーを使っていたりするんですが、なかには「調子乗ってる(いきってる)」とか「実験器具に入れた飲み物は飲みにくい」などの声もあり、店主も思いとどまっていました。
ビーカー、すごくカッコいいんですけどねぇ。人それぞれ感性の違いみたいなのはやっぱりあるようです。

このコーヒージャグは、実験器具のような心くすぐるテイストも入れつつコーヒー用として作られているので「そこそこいきってる」でとどまれるのかなぁ…と思っています。

軽くドヤ顔できるくらいの、節度のあるいきった感。

KINTO SLOWCOFFEESTYLE
エアロプレスもしっくり…

2カップ用のコーヒージャグがエアロプレスにちょうどピッタリ。
4カップ用でも直径は合うので問題なく使えます。

エアロプレス自体、コーヒー器具としてはちょっといきってるんですが、シンプルなデザインが緩和させてくれるような気がします。
耐熱ガラスで電子レンジでも使用可能です。

実際お店でも使い始めたんですが、他のサーバーに比べて「洗いやすい」というのもポイントかも。

KINTO SLOWCOFFEESTYLE
ブリューワーは様々な用途で…

円錐形のドリッパーはなかなか汎用性が高いです。
ペーパーだけでなく、ステンレスフィルター、円錐用のネルフィルターなど、気分によって淹れ方を変えてみるのもおもしろいかも知れませんね。

プラスチックブリューワー
・2cups 500円 (税抜)
・4cups 600円 (税抜)
コーヒージャグ
・2cups 300ml 1000円 (税抜)
・4cups 600ml 1200円 (税抜)

関連リンク
KINTO SLOW COFFEE STYLE

関連記事
https://usaboku-coffee.com/post-2174

The following two tabs change content below.
ウワグチ タカキヨ

ウワグチ タカキヨ

店主うさぎとぼく
大阪・阿倍野昭和町にある築80年の長屋で営む珈琲店「うさぎとぼく」店主。魚座、O型。元福祉職、キャリアカウンセラー。精神保健福祉士。現在、セミナーの準備中です。 左側のアイコンは店主個人のSNSアカウントです。