2020/08/03(Mon) 09:30 - 18:00
店頭販売+カフェ営業

店舗情報・アクセス

“うさぎとぼく”について

“うさぎとぼく”を開業する前は…

うさぎとぼく1938年(昭和13年)ごろの写真

この写真は1938(昭和13)年にお店前で撮影されたもの。元は洗濯屋さんでした

以前に洗濯屋さんを営んでいたこの長屋は、1930年(昭和5)に建てられました。店内に飾っているホーロー看板や洗濯板は、改装工事中に出てきた当時のなごりです。この写真は隣に住んでいたという男性(写真中央で映っている子ども)からいただいたもの。
お店の入居するこの6軒長屋は、家主さんが1933年(昭和8)に生まれたときに、親からプレゼントされた建物。この建物は当時の価格で2600円だったそうです。

そして現在は…

うさぎとぼく店内写真

障害者施設を退職した夫婦が、この洗濯屋さんだった長屋で自家焙煎コーヒーのお店をはじめました。
未経験の仕事に転職したので、開業から悩むことがたくさんありました。
現在も毎日あたふたとしていますが、店名のうさぎではなくカメみたいにじっくり歩んでいきたいと思っています。

参考:J:COM 阿倍野区魅力再発見「あべのってどんなところ?」#1 昭和町編 うさぎとぼく紹介動画 (YouTube)

“うさぎとぼく”が大切にしていること

私たちが大切にしていることです。お時間があるときに、ご一読ください。

うさぎとぼくのコーヒー豆

うさぎとぼく夫婦は、焙煎したてのコーヒーをはじめて飲むまで、実はコーヒーをあまり好きではなく、ブラックも飲めませんでした。
飲んでいたのは、紅茶やカフェラテなど。

飲めるようになったのは、店主が働いていた障害者施設に併設された喫茶店で焙煎したてのコーヒーを飲むようになってから。
ブラックで飲まなければいけない環境。でも、飲んでみると焙煎したてのコーヒーのすっきりとした味わいに驚きました。

焙煎したてのフレッシュさを感じてからコーヒーを飲めるように…。

ご注文いただいてから焙煎、焼きたてのコーヒー豆をお渡しすることで、初めておいしいと思ったときの感動をたくさんの人に知ってもらえればと思っています。

オガリ作業所

うさぎとぼく夫婦は、これまで障がい者施設で働いていたので、お店をはじめてからも、障がいのある方とのつながりを持っていたいと考えていました。

施設で作られた商品を販売することで、障がいのある方の所得保障や社会的な評価につなげることができればと思って取り組んでいます。
福祉施設商品を取り扱うNPO法人や製造施設と連携。主にパッケージデザインなどに力を入れています。福祉施設の商品という意識ではなく、ごく一般に良いものとして受け入れられるように。福祉施設と社会との橋渡しとして、お店の役割があると思っています。

協力事業所:

  • 認定NPO法人トゥギャザー (大阪市)
  • オガリ作業所(大阪市住吉区)
  • 第2せんぼく障害者作業所(堺市)

パティスリーとっと
パティスリーとっと

パティスリーとっと
認定NPO法人トゥギャザーが福祉施設商品を販売するショップが、梅田スカイビルB1滝見小路にあります。店主は店頭看板とパッケージのデザインをお手伝いさせていただきました。

カフェのオープンにあたって、阿倍野の昭和町という街に引っ越してきました。
この地域で自分たちのお店を育てていくということ。お店も自分たちもこの地域を必要とし、また必要とされる存在になっていくことができればと思っています。

SNSでは地域情報の発信にも力を入れています。

また、地域で活動されている保護猫ボランティアさんへの支援も行っています。うさぎとぼくでは、活動に関わる募金集めやSNSでボランティアさんの活動についての発信を行っています。

阿倍野昭和町ノラネコ商會: Twitter | Instagram | Facebook

アクセスなど

自家焙煎コーヒーのお店 うさぎとぼく

大阪市阿倍野区阪南町3-9-10 (大阪メトロ御堂筋線昭和町駅から徒歩6分)
06-7502-2155
shop@usaboku-coffee.com ( お問い合わせフォーム )

営業時間:朝9時〜夕方6時
定休日:火・水曜日、お盆、年末年始など
席数:16席(全席禁煙)

クレジットカード
VISA, MasterCard, JCB, AMERICANEXPRESS, DinersClub, DISCOVER
電子マネー
Suica, iD, Quicpay, 楽天Edy, nanaco, WAON
QRコード決済
LINEPay, PayPay, 楽天Pay, メルペイ, d払い, auPAY, AliPay, WechatPay

感染防止のためキャッシュレス支払いを推奨しています。

※ 駐車場はありません。周辺のコインパーキングをご利用ください。
※ 店頭販売のみの営業日もありますので、ご来店前にWebsiteでご確認ください。
※ お席のご予約は承っておりません。
※ お席と店内の雰囲気の都合上、5名様以上のお客様はご遠慮 (現在は大人2名様まで)いただいております。なるべく少人数でのご来店をお願いします。
※ 店内は電子タバコも含め禁煙です。店前での喫煙もご遠慮ください。
※ お客様おひとり様1ドリンクオーダーをいただいております。
※ 夫婦2人で調理と焙煎をしているので、提供までお時間がかかることも多いです。あらかじめご了承ください。
※ 混雑時に入店をお待ちのお客様がいらっしゃる場合は、1時間ほどで席をお譲りいただくようお願いすることがあります。
※ お時間に限りがあるので、待ち合わせもなるべくご遠慮ください。
※ 大きな声での会話、電子機器・音声を出した動画鑑賞はご遠慮ください。
※ 商品販売などの商行為や営業活動、占いやカウンセリング、レッスンや勉強会等はご遠慮ください。
新型コロナウィルスに対するお店としての感染対策とお客様へのお願い
お店として取り組む新型コロナウィルス(covid-19)に対する感染防止対策と、お店を利用するお客様へのお願いについて記載しています。

ソーシャルメディア

うさぎとぼく: Online Shop | Twitter | Facebook | Instagram | LINE@
阿倍野昭和町ノラネコ商會: Twitter | Facebook | Instagram

メディア掲載情報

メディア掲載情報
うさぎとぼくが取材いただいた本や雑誌の紹介ページです。

店主について

うさぎとぼく店主 写真

うさぎとぼく店主 写真

うさぎとぼく店主:ウワグチ タカキヨ | |
元福祉職、キャリアカウンセラー。精神保健福祉士。
障がい者の職業支援、独立行政法人やハローワークの嘱託などを転々、夫婦でカフェを開業。
オリジナル商品のデザインやパッケージなどは自分で作っています。小動物やワイン、キャンプ、さびれた観光地巡りが好きです。

Translate
タイトルとURLをコピーしました