• 阿倍野のカフェうさぎとぼくの店舗情報ページ
  • 阿倍野昭和町のカフェや雑貨店などの情報ページ
  • うさぎとぼくオンラインショップ・通販

うさぎとぼくがソーシャルメディアで使用禁止にしている言葉

何度も捕まる又三さん

うっかりなのか故意なのか、何度も捕まる又三さん

昨朝、お店の裏に置いている捕獲器を見ると扉が閉まっていました。
やっと不妊手術していない白黒猫さんが入ったかも…と期待して覗き込んでみると、常連ノラネコの又三さん。「お前ちゃうねん、何度目やねん。」と言いながらすぐに釈放しました。

FacebookやTwitterには投稿したんですが、この又三さんの写真を載せると、彼目線のセリフでボケるという人が増えてきました。又三さん、さすがの人気ですね…。

さて…、

うさぎとぼくがブログをはじめてから、そろそろ5年。
他にもFacebook、Twitter、Instagram、LINE@などのソーシャルメディアを使っています。
ソーシャルメディアを窓口として更新情報を案内しながら、ブログ見てもらうスタイル。
現在はこういうカタチがイチバンかなぁ…と。

で、うさぎとぼくが、ブログやソーシャルメディアをはじめたときから、絶対に使わないと決めている言葉があります。

それは「ご来店ください」や「お買い求めください」などの売り込みに聞こえる言葉。
他にも表現は色々あると思いますが、自分はお店であなたはお客様とハッキリ認識させるような表現は使わないようにしています。

ソーシャルメディアは基本的に友達とのコミュニケーションツール。そんな空気感のなかで、急に「ご来店ください」と言われたらドン引きするなぁ…と。

もちろんお店としてソーシャルメディアを使っているので、お店や商品の話はもちろん書く。でも、宣伝として書くことはない。宣伝って、読むのも書くのもしんどい。
だから、どちらかと言うと、お店としてというよりは店主個人の話として発信していたり、コミュニケーションを取っていることが多い。
たぶん他の人も、お店としてよりも「店主=うさぼくさん」として、やりとりしている人がほとんどなんじゃないかなぁ…と。

ソーシャルメディアでは、おそらくそんな繋がりがいいんですよね。

お店がブログをしているというよりも、うさぎとぼくというハンドルネームのブロガーが、なんか同じ名前でお店もしている。
もしかしたら、それくらいの感覚なのかも知れない。

商品の話をしているよりも、又三の話をしているほうが投稿に対する反応もいい。
そのほうが親しみや親近感が湧きやすいのかも…。
不思議な話なんですが、そういう感じなんですね。

こんな調子でずっとやってきたので、もしウチが急に売り込み的な話を書くと「絶対に思ってへん」「嘘くさい」と思われるんじゃないかなぁ…と。

という話でした。

定休日前の残りわずかな営業時間ですが、どしどしご来店お待ちしております。

では。

The following two tabs change content below.
ウワグチ タカキヨ

ウワグチ タカキヨ

店主うさぎとぼく
大阪・阿倍野昭和町にある築80年の長屋で営む珈琲店「うさぎとぼく」店主。魚座、O型。元福祉職、キャリアカウンセラー。精神保健福祉士。現在、セミナーの準備中です。 左側のアイコンは店主個人のSNSアカウントです。