• 阿倍野のカフェうさぎとぼくの店舗情報ページ
  • 阿倍野昭和町のカフェや雑貨店などの情報ページ
  • うさぎとぼくオンラインショップ・通販

うさぎとぼくから新社会人へ送る言葉があれば、2017年はこんな感じ…

4月、新しい生活がはじまる人も多いんでしょうね。

まだ少し肌寒くポカポカ陽気でもないし年度替りとは無縁の仕事をしているので、個人的には春のウキウキした気持ちにはまだなっていないですが…。

今日から4月。

就職や入学など、新しい生活がはじまりドキドキワクワクとしている人も多いんじゃないでしょうか。

新しい職場環境や生活環境、人間関係にドキドキ。変化する食生活、デスクワークによる運動不足、知らず知らずのうちに蓄積するストレスや疲労。その後にやってくるゴールデンウィークで気が抜けて、疲れがドバーっと。倦怠感と憂鬱感。そして、連休が終わって出社できず、もっと長い連休に突入…。

ありがちなパターン。
今年は連休が長いので、店主の妄想どおりに進む人がちょっと多いかも知れませんね。

程度の差こそあれ誰にでも適応障害はあるもの

いわゆる5月病、そしてうつに…

気分がウキウキとしているタイミングで暗い話題になりましたが、新しい環境のなかだとストレスを感じている自体なかなか気づきにくいんですよね。
新しい環境に身を置くと、程度の差こそあれ誰でも適応障害は出てくるもの。で、疲れが後から遅れてやってくることも当たり前のこと。

自分は大丈夫と思わずに「誰にでもあるものなんだなぁ…」と思っておいたほうが、自分で不調に気がついたり対応もしやすい。
頑張らないといけないという気持ちが強いと思いますが、あまり気負いすぎずほどほどに…。

準備不足で上手くできないことは当たり前

うまく人間関係を築かないといけないとか、失敗したらどうしようとか色々不安に思うこともあるでしょうが、そもそも新しい環境で相手のことも分からないなかで上手に人間関係を築くなんて到底無理な話だし、新しい仕事で失敗することなんて当たり前のこと。特に気負う必要もないんですよね。

全然ダメなことじゃない。

そもそも分からないなかで、準備不足のままではじめることばかりなんだから…。周りの人もそんなに期待していないと思います。
で、ちょっとしんどいなぁと思ったら、とりあえずコーヒーでも飲んどこう。

先は長いんだから…。

まぁ、うさぎとぼくから新社会人へ送る言葉があれば、今年はこんな感じでしょうか。

関連リンク
うさぎとぼくから新社会人へ贈る言葉があれば、こんな感じ… (2015)

The following two tabs change content below.
ウワグチ タカキヨ

ウワグチ タカキヨ

店主うさぎとぼく
大阪・阿倍野昭和町にある築80年の長屋で営む珈琲店「うさぎとぼく」店主。魚座、O型。元福祉職、キャリアカウンセラー。精神保健福祉士。現在、セミナーの準備中です。 左側のアイコンは店主個人のSNSアカウントです。
うさぎとぼくから新社会人へ送る言葉があれば、2017年はこんな感じ…
この記事をお届けした
うさぎとぼくの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

うさぎとぼくの情報をチェックする