• 阿倍野のカフェうさぎとぼくの店舗情報ページ
  • 阿倍野昭和町のカフェや雑貨店などの情報ページ
  • うさぎとぼくオンラインショップ・通販

食べログの点数が3.0にリセットされたとのニュースを見て…そもそも食べログに集客を頼るのが問題

食べログが炎上しているニュースを見ると、どうしてもニヤニヤしてしまうゲスい自分をなんとかしたいですが、たぶんお客様は店主のそんなゲスさが好きなんだろうなぁ…と思ったり。

ということで、ネットで話題になっていましたね…。

【衝撃】食べログの点数がいきなり3.0に下がる → 食べログから連絡「弊社予約サービス使わないと検索結果落とすよ」 (バズプラスニュース)

確かに食べログの点数は操作されているかも知れないけれど…

食べログ有料会員

食べログ有料会員、プランも知らないうちに変わっていました。

記事に載っていた店舗のページをチェックすると、実際に3.0になっていました。

ただ、投稿した人のコメントでは「ネットの予約を使ってもらわないと検索の優先順位を落とします」と書いてあったので、点数への影響と関連があるのか、見ている限りではよく分からず…。

定期的に評価のアルゴリズムが変更があるようで、急激に順位や点数が変わったなぁ…と思うことはよくありました。Googleでも同じことはあるし、個人的にはそんな感じじゃないのかなぁ…と。

プランを見ると、ネット予約ができない一番下のプランでは検索の優遇はPCのみのようなので、文言としては間違いではない。

ちなみに、有料プランの注意書きには「食べログの口コミおよび点数(評価)に、集客サービスのご利用是非は一切影響しません。食べログの点数(評価)及びランキングは、ユーザーの評価を基礎に算出、表示をしております。」と記載されていました。

より高額を支払う有料会員が優遇が受けられるのは当たり前のことだし、今さら点数操作があったとしても驚くことはないですが…。食べログは食べログで、状況に合わせて収益化の方法を考えていかないといけないのでサービスを変えていくのも仕方のないこと。

食べログの点数や順位で集客が増えると期待している自体が経営の発想として危険。

個人的には「そもそも食べログにお金を払うって…笑」という感じです。

広告での集客に高いお金を払うよりも、どうすればSNSで口コミされるか考えたほうがいい

前にも書いたと思いますが、お店をはじめた5年前と比べると食べログの影響は少なくなってきているような気がします。
それよりも、FacebookやInstagramなどSNSからの流れが増えたなぁ…と。

誰か分からない匿名の投稿よりも、知ってる人の投稿のほうが信頼ができるし、コミュニケーションを取るのも楽しい。SNSをみんなが使い始めることで、意識が変わってきた。それに尽きるのかなぁ…と。
たぶん、これからもそんな流れになっていくので、現状のままでの食べログの影響はもっと低くなると思っています。

食べログページを見て宣伝文句がゴリ押しされていると、ちょっと引いてしまう。プロが撮ったキレイな写真は来店前のハードルも上げたりするので、有料サービスが逆効果になってる場合も多いんじゃないか、そう感じることもしばしば。

食べログ内での検索順位が下がったとしても、そもそも食べログ自体がアレな感じになっていくので、そんなに影響は出なくなるじゃないかなぁ…と。

それよりも、SNSを通じてのお客様とのやりとりや、SNSでお店について投稿してくれる人に分かりやすい情報が提供されているかなど、SNSでの関係づくりや仕組みづくりに注力したほうが良いんじゃないかなぁ…と。

そのほうが、良いお客様の割合も増えるし…。

そんな風に思っています。

The following two tabs change content below.
ウワグチ タカキヨ

ウワグチ タカキヨ

店主うさぎとぼく
大阪・阿倍野昭和町にある築80年の長屋で営む珈琲店「うさぎとぼく」店主。魚座、O型。元福祉職、キャリアカウンセラー。精神保健福祉士。現在、セミナーの準備中です。 左側のアイコンは店主個人のSNSアカウントです。
食べログの点数が3.0にリセットされたとのニュースを見て…そもそも食べログに集客を頼るのが問題
この記事をお届けした
うさぎとぼくの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

うさぎとぼくの情報をチェックする