• 阿倍野のカフェうさぎとぼくの店舗情報ページ
  • 阿倍野昭和町のカフェや雑貨店などの情報ページ
  • うさぎとぼくオンラインショップ・通販

今年に入って続く近隣の飲食店の閉店、街の姿や価値もまた移ろいゆくんだろうなぁ…と

ご近所のお店が今週で閉店だそう…

ご近所のお店が今週で閉店だそう…

昨日は夜中の3時ごろに激しい雨が降り、久しぶりにしっかりとした雨漏りが…。
落ちてくる雨水とにらめっこしながら容器を動かすエキサイティングなひととき。雨足が落ち着いたあとも、トタンを叩く雨音に耳を傾けながら横になっていました。

雨の多い時期。これからも対応に追われる日が増えそうです。
眠れないのがイチバン辛い。できれば夜中には降らないでほしいなぁ…と。

ご近所の飲食店が今週末で閉店に…

ご近所の居酒屋さんが今週で閉店されると聞いたので、夫婦で食事に行ってきました。
うさぎとぼく夫婦が昭和町に引っ越してくる前、お店の工事で通っていたときに初めて入った飲食店がこちらのお店。
年齢はほとんど変わらないものの飲食店としての経歴はずっと長いので、オーナーさんから色々とノウハウを教えていただいたりとお世話にもなりました。アドバイスを受けて購入したものも多い。夫婦共々思い入れのあるお店。
キャリアをいかして、新天地でも存分に力を発揮されることだと思います。

ジャンルは違うものの、飲食店がお店をたたむと聞くのは本当にさみしいもの。

情報が入ってくるたびに、自分たちのお店もいつかは分からないけれど閉店するんだろうなぁ…と、あれこれと考えたりしながら思い悩んだりすることも。

街の姿や価値もまた変わってゆくもの

ご近所のスペインバルのオーナーさんによると、昭和町界隈では今年に入って8店舗は閉店されているそう。閉店ラッシュだと話されていました。
昨年比などもちょっと調べていないですが、言われてみると多いような気もします。昭和町に限ったことではなくても、これからもこの流れは大きくなるだろうなぁ…と。

空いた店舗にもそのうち新しいお店が入って、地域の様子も少しずつ変わっていくんでしょうね…。
自分たちのお店もひとつの要素として存在しているんだと思いますが、お店の入れ替わりが生まれることで地域の価値もまたなだらかに移ろいゆくものだと思っています。

チェーン店も参入してきそうな気はしますが、駅前に大きな看板がたくさんある雰囲気ってどうもカッコ悪くて好きになれない。
昭和町はこれからも、個性的で小さなお店が元気のあるエリアであってほしいなぁ…と。

そんな風に思っています。

The following two tabs change content below.
ウワグチ タカキヨ

ウワグチ タカキヨ

店主うさぎとぼく
大阪・阿倍野昭和町にある築80年の長屋で営む珈琲店「うさぎとぼく」店主。魚座、O型。元福祉職、キャリアカウンセラー。精神保健福祉士。現在、セミナーの準備中です。 左側のアイコンは店主個人のSNSアカウントです。