• 阿倍野のカフェうさぎとぼくの店舗情報ページ
  • 阿倍野昭和町のカフェや雑貨店などの情報ページ
  • うさぎとぼくオンラインショップ・通販

お店の価値、目に見えにくいことだけれど分かりやすく伝えられればなぁ…と

定休日は黙々と事務仕事を…

営業スタート初日はなかなかの雨降り。

定休日は朝早起きして業者さんを待っていたんですが、昼ごろに予定が合わないとの電話。
その後は、外出する気持ちにもなれず、特に迫られた用事もなかったので事務仕事の1日に。おかげで確定申告の準備もほぼ終了しました。

前年と比較してみると、光熱費とコーヒー豆の値上がりの影響が結構すごい。これから色々と考えないといけないですね…なかなか気が重いです。

この会計業務については、昨年からクラウドの会計ソフトに変更したので作業も早く終わりました。
通帳やクレジットカード、Amazon、PiTaPa、Edyなどを登録しておくと、自動で入力されて勘定科目も勝手に判断してくれる。入力間違いもなくて、作業がずいぶんとラクに。ずいぶんと手間が違いました。

この会計業務にしても、昨年にアメブロから引っ越ししたウェブサイトにしても、特に専門的な知識がなくてもカンタンにできる。便利な世の中になってきたものです。
税理士さんやウェブデザイナーさん、また他の職業も、世の中が便利になっていくことで、どんどん減っていくんだろうなぁ…と。

要望に合わせて資料を作れるとか、きれいなデザインができるとか、良い商品をセレクトしてるとか、おいしい食事やコーヒーが作れるとか…。
そんな当たり前のことだけじゃなくて、その人ならではの価値を追求していかないと、もうたぶんダメになっていくんですよね。選ばれないし、見向きもされなくなってくる。

それは自分たちの仕事でもヒシヒシと感じるところ。

だけじゃない、うさぼく。

考えることの多い地道な作業。ハッキリとは目に見えにくいことだけれど、常に自分たちの独自の価値がどこにあるのか見直しながら、分かりやすく伝えていければなぁ…と。
コーヒーを片手に休憩をしながら、そんなことを悶々と考えていました。

The following two tabs change content below.
ウワグチ タカキヨ

ウワグチ タカキヨ

店主うさぎとぼく
大阪・阿倍野昭和町にある築80年の長屋で営む珈琲店「うさぎとぼく」店主。魚座、O型。元福祉職、キャリアカウンセラー。精神保健福祉士。現在、セミナーの準備中です。 左側のアイコンは店主個人のSNSアカウントです。
お店の価値、目に見えにくいことだけれど分かりやすく伝えられればなぁ…と
この記事をお届けした
うさぎとぼくの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

うさぎとぼくの情報をチェックする