• 阿倍野のカフェうさぎとぼくの店舗情報ページ
  • 阿倍野昭和町のカフェや雑貨店などの情報ページ
  • うさぎとぼくオンラインショップ・通販

カレーと酒のアテ 堕天使かっきー【阿倍野・王子町】

犯罪者のような写真

犯罪者のようなヘアカット写真
(うさぼく夫婦と同じ美容室でカットしています)

知人がご近所でカレーのお店をするようになったので、他のお客様に彼の写真を見せたんですが、「私はちょっとムリかも…」との返答がありました。
見た目は多少アレなんですが、お店としてはまったく大丈夫。
うさぼく店主よりも全然にこやかで、愛想がいいです。

カレーと酒のアテ 堕天使かっきーのカレー。

以前、キューズモールの音楽イベントでやり取りをさせていただいてから、親しくさせていただいている、天使と悪魔というバンドのベーシスト、カキウチくん。
阿倍野のニャムニャム食堂さんでも週に一度お店をしていたり、タイ料理のオッソさんでも働いていたりします。

うさぎとぼくがオープンする前に、王子町に「喫茶るんるん」という喫茶店があったんですが、その跡地。
Bar Horizon(バーホライズン)という場所で、お昼にカレーの営業をされています。

オープンすぐに行列の状態…

オープンすぐに行列の状態…

わずか5席のお店ですが、オープンからひっきりなしに人が出入りしている。
味だけでなく、彼の交友関係の広さや人柄もあり、人気のお店。
毎月、こんなメニューをよく思いつくなぁというカレーを放り込んでくる。
カレー事情聴取など、イベントにも出店されています。

昼呑みを

定休日に昼呑みを

注文したのは、
看板メニューの「鯛出汁×鶏キーマカレーをの二層カレー」
10月限定の「きのことさつまいもとくずし豆腐の秋鮭カレー」
空芯菜のナンプラー炒め、そしてビール。

メニュー名だけ見ても創作感あふれるカレー。
もはやカレーとカテゴライズして良いのかどうかも迷うくらい。

鶏キーマにお出汁を絡めながら食べる。途中でスダチをしぼって、また食べる。
二日酔いでも食べれるような、そんなカレー。
さっと食べて飲んで、さっと出る。

大盛り、あいがけ、トッピングも豊富でした。
周辺にもカレーを提供するお店が増えてきましたが、これは食べておいたほうがいいと思う。

ご興味のある方は、ぜひ。

カレーと酒のアテ 堕天使かっきー
昼営業 火〜土、11時半〜15時
阿倍野区王子町2-17-32 Bar Horizon ( GoogleMap )

Facebookページ / Twitter

(※2015年10月時の情報です)

追記:ABCテレビ「おはよう朝日です」 2016年1月26日放送

The following two tabs change content below.
ウワグチ タカキヨ

ウワグチ タカキヨ

店主うさぎとぼく
大阪・阿倍野昭和町にある築80年の長屋で営む珈琲店「うさぎとぼく」店主。魚座、O型。元福祉職、キャリアカウンセラー。精神保健福祉士。現在、セミナーの準備中です。 左側のアイコンは店主個人のSNSアカウントです。
カレーと酒のアテ 堕天使かっきー【阿倍野・王子町】
この記事をお届けした
うさぎとぼくの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

うさぎとぼくの情報をチェックする