2020/08/03(Mon) 09:30 - 18:00
店頭販売+カフェ営業

どうしようか迷ったけれど、結局は聞かなかったことにした話

この記事は約2分で読めます。

IMG_8266.JPGカウンター内から見た店内の写真

休み明けの営業が無事に終了。日常的にローテンションで営業しているからか「体調が悪くても見た目全然変わらないですよね」と言われました。それが良いのか悪いのか…。

お店の営業をしていると、お客様の会話がよく聞こえてきたりします。特に聞くつもりもないし、失礼だと思われるので聞こえていないフリをします。電車のなかで、隣の人の会話に思わず突っ込みたくなるけれど、聞いてたと思われたらイヤだろうなぁ…と思うから黙っとくみたいな、そんな感じでしょうか。
でも、ときどき急に「なぁ」と同意を求められることもあるんですよね。お客様によって感覚は違うみたいで、迷うときも結構多いです。このあたりの立ち振る舞いってなかなか難しいものですね…。

店内には少し雑誌や本を置いているので、お客様がパラパラとページをめくりながらお連れの方とお話をされていたりするんですが、会話のなかに知っているワードが急に出てくると、ガヤガヤとした中でも思わず反応してしまうことも。

今日聞こえてきたのは「へぇ、かえるカフェやってぇ。」という言葉。

期待感のある明るいトーンで話されていました。以前から、ウチのBlogやFacebookをご覧の皆様はご存知だと思いますが、すでに閉店されているお店。
「そこは閉店しているケロよ♪」とか軽いノリで言えたら良いんですが、やっぱり普通に無理。ページを破っておくか、検閲さながら真っ黒に塗りつぶすかしておけば良かったなぁ…と思いながら、結局は聞こえていないことにしました。

もしかしたら、お店に行かれるかも知れないですが、それはまぁ、仕方ないかと言い聞かせて。

相手によって違うのかも知れないですが、どういう対応が正解だったんだろう…。今日はそんなことを思った1日だったケロ。

Translate
タイトルとURLをコピーしました