• 阿倍野のカフェうさぎとぼくの店舗情報ページ
  • 阿倍野昭和町のカフェや雑貨店などの情報ページ
  • うさぎとぼくオンラインショップ・通販

深刻化するバター不足の影響で、福祉施設も困惑…

バター不足バ、バターの幻覚が…

ケーキや焼きドーナッツの製造をお願いしている福祉施設さんから連絡。いよいよバターが手に入らないとのこと。

夏前くらいから、施設の取引先業者から手に入らなくなったので、ウチが取引している業者さんからコソッと横流し的な感じで無理無理もってきてもらっていたんですが、そちらも在庫不足。ウチの分さえ今後は危うい状況に…。他のバターやバターっぽいのは…と尋ねられたんですが、それも手に入らなさそう。話を聞いていると、もう小さいお店や施設には回ってこないような気すらしてきます。
とりあえず、今ウチで持っているバターについては、施設さんへお渡しする予定。まぁ、焼け石に水程度のものですが…。

ウチも何かしら手立てを…と、ネットで見るてみると、個数制限の上に4割くらい値上がりしてるし、これに送料が加わると1.5倍越える計算。店舗によっては倍近くの価格で販売しているところもあるし…。

納品いただいている商品についても、もしかしたら今後は生産調整や値上げなどが出てくるかも知れません。

普通のお店だったら、じゃあレシピを変えて…とかになるのかも知れませんが、施設では急な変更も難しいだろうし…。
施設に通っている利用者さんがやりがいを持って製造されているを想像すると、なるべく変わりのないように作業ができれば…と願うんですが、なかなか難しい状況になっていくのかも知れませんねぇ…。

The following two tabs change content below.
ウワグチ タカキヨ

ウワグチ タカキヨ

店主うさぎとぼく
大阪・阿倍野昭和町にある築80年の長屋で営む珈琲店「うさぎとぼく」店主。魚座、O型。元福祉職、キャリアカウンセラー。精神保健福祉士。現在、セミナーの準備中です。 左側のアイコンは店主個人のSNSアカウントです。

記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

うさぎとぼくの情報をチェックする

この記事をお届けした
うさぎとぼくの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!