• 阿倍野のカフェうさぎとぼくの店舗情報ページ
  • 阿倍野昭和町のカフェや雑貨店などの情報ページ
  • うさぎとぼくオンラインショップ・通販

うさぎのビスケットが少しだけリニューアル

うさぎのビスケットが少しだけリニューアル

うさぎとぼく夫婦が働いていた障害者施設で製造をお願いしている「うさぎのビスケット」が少しだけリニューアル。

少し配合を変え、食品の検査にも出していただきました。
これまでよりいっそう長く安心してお召し上がりいただけます。

本当は普通にやらないといけないことですが、個人店などでは特に曖昧になっていたりすること。
こうした施設さんの品質向上への責任と努力、本当にありがたいことです。

飲食店のウチも他人事ではないのでちゃんとやらないといけないなぁ…と。

これからのシーズンに合わせてラベルもバレンタインの仕様になります。

堺市南区にある福祉施設「せんぼく障害者作業所」で製造している、うさぎの形をしたビスケットです。
うさぎとぼくがお店として大切にしていることの2つ目。「障害者施設との連携」のお話です。
The following two tabs change content below.
ウワグチ タカキヨ

ウワグチ タカキヨ

店主うさぎとぼく
大阪・阿倍野昭和町にある築80年の長屋で営む珈琲店「うさぎとぼく」店主。魚座、O型。元福祉職、キャリアカウンセラー。精神保健福祉士。現在、セミナーの準備中です。 左側のアイコンは店主個人のSNSアカウントです。

記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

うさぎとぼくの情報をチェックする

この記事をお届けした
うさぎとぼくの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!