• 阿倍野のカフェうさぎとぼくの店舗情報ページ
  • 阿倍野昭和町のカフェや雑貨店などの情報ページ
  • うさぎとぼくオンラインショップ・通販

レシピ:ぼくのミルクコーヒープリン&コーヒーゼリー

ぼくのミルクコーヒープリン&コーヒーゼリー

先日開催されたイベント、昭和のまちのバイローカルで販売した「ミルクコーヒープリン」と「コーヒーゼリー」。

試作している過程はあまり載せていなかったので、福祉施設などに外部発注したと思っていたお客様も多かったようです。
イベント前日の夜遅くまで店主がせっせと作っていたんですが、全然伝わらなかったなぁ…と。この辺りの発信は失敗したなと思うところ。

今後、またお店でも作るとは思うんですが、みなさんもご家庭で作れるようにレシピだけ載せておこうと思います。
書き方はザックリです。

ぼくのミルクコーヒープリン

ぼくのミルクコーヒープリン

お店で販売している「ぼくのミルクコーヒーの素」を使ったなめらかな食感のプリンです。

材料:約5個分
・ミルクコーヒーの素 160cc
・牛乳 130cc
・生クリーム 60cc
・卵 2個
・砂糖 (カラメル分)
・水 適量 (カラメル分)

作りかた
1 カラメルを作って型に入れる
2 卵を泡立てないようにして混ぜておく
3 ミルクコーヒーの素、牛乳、生クリームを混ぜてレンジ60〜70℃までで温める
4 卵に3をゆっくり混ぜる
5 2度ほど濾し器でこして型に流す。プリンはホイルで蓋をしておく
6 型をバットに入れ8分目まで70℃ほどのお湯をはる
7 濡れ布巾とホイルでバットを覆い、150℃のオーブンで30分ほど焼く
8 粗熱をとって冷蔵庫で冷やす

牛乳で割るだけでカンタンに甘いミルクコーヒーができる「ミルクコーヒーの素」。

コーヒーゼリー

コーヒーゼリー

お店のフレンチブレンドを使ったコーヒーゼリーです。
ゼラチンを計るのが面倒だったので、市販でパックされていた5gをそのまま使いました。
ふやかさないでいいゼラチンを使うとラクです。
コーヒーはクレバードリッパーで作りました。なければペーパーで漉すかフレンチプレスで代用してください。

材料
コーヒーゼリー分
・フレンチブレンド(粗挽き) 38g
・お湯 380cc
・砂糖 15g
・ゼラチン 5g

ミルクゼリー分
・牛乳 200cc
・生クリーム 100cc
・砂糖 30g
・ゼラチン 5g

作りかた
1 容器にコーヒー粉とお湯を入れ4分蒸らす
2 コーヒーを漉すとだいたい300ccくらいになります
3 ゼラチンと砂糖を混ぜる
4 型に流して粗熱をとって冷蔵庫で冷やす
5 牛乳をレンジで温める
6 温めた牛乳に、ゼラチンと砂糖を混ぜる
7 生クリームを混ぜる
8 固まったコーヒーゼリーの上に流し冷蔵庫で冷やす

個人的には、コーヒーゼリーの上に乗せたミルクだけのゼリーや、試しに作ってみた普通のプリンのほうが好みでした。
以上です。ではでは。

The following two tabs change content below.
ウワグチ タカキヨ

ウワグチ タカキヨ

店主うさぎとぼく
大阪・阿倍野昭和町にある築80年の長屋で営む珈琲店「うさぎとぼく」店主。魚座、O型。元福祉職、キャリアカウンセラー。精神保健福祉士。現在、セミナーの準備中です。 左側のアイコンは店主個人のSNSアカウントです。