• 阿倍野のカフェうさぎとぼくの店舗情報ページ
  • 阿倍野昭和町のカフェや雑貨店などの情報ページ
  • うさぎとぼくオンラインショップ・通販

うさぎとぼく、11月に5年ぶりのイベント出店です

シモジマ心斎橋店

定休日にシモジマへ、なんとなくの当たりをつけに

Facebookでは今日のお昼に情報をシェアしたんですが、11月に参加するイベントの話。
先日の結婚記念日の話のときにも、チラッとお知らせをしました。

夫婦の結婚記念日に思うことと、これからの新しいこと
先週に夫婦2人とも体調を崩したので、ボチボチと胃に優しいものを取りながら体調を整えているところです。 美味しいものを美味しいと言い...

昭和のまちのバイローカルマーケット
日程:2017年11月5日(日)
場所:長池公園
Facebook:https://www.facebook.com/showabuylocal

思いがけずお声かけいただいたので出店することに。
はじめてのバイローカル出店。イベント自体への出店も約5年ぶりになります。
もしかしたら、これが終わって次に参加するのも5年後かも…。自分たちにとっても貴重なイベントになるかも知れません。

3連休の最終日。
とりあえず、今から予定をあけておきましょう。そうしよう。

今年の昭和の日に店内イベントをやってみました。お店として主催するイベントもこのときがはじめて。
商品自体をイメージした短い物語を作り、店内もストーリーに沿ったレイアウトにしました。バタバタとしてなかなか感じてもらいにくかったですが、店内を使って体感できるようなものに。
イベントが終わってから「もし外でイベントをするとしたらこんなコンセプトかなぁ」というイメージが出てきたので、カタチにしてみる良いタイミングでもあるかなぁ…と思い参加することにしました。

人形劇や紙芝居のような雰囲気を作り、商品を演目として表現することができたらいいかなぁと、なんとなく思っています。
お店のイベントでは体感的なものを。外のイベントでは見世物的なものを。そんな感じ。
なかなか準備に時間がかかりそうですが、うさぎとぼくらしいレトロな雰囲気を出せれば…。

イメージを話している段階ではワクワクするんですが、いざカタチにするとどうやることやら。

演目(商品)のほうはまだ未定。通常営業では出さないものにする予定です。前回の店内イベント同様、コーヒーをドリップするとかはしないと思います。
あえて商品を売らず、紙芝居だけするのもアリかも知れませんね。

自分たちのイベントに対する捉えは、お店の認知ではなく、あくまでも「ファン感謝祭」的なもの。
いつもご来店いただいているお客様に楽しんでもらえるものにできればなぁ…と思っています。

お店のことを知らない人たちには、もしかしたらまったく伝わらないものになるかも…。

また、経過がわかり次第お知らせしていきます。
とりあえず、大工仕事から状況をアップしていくような気がしています。

ではでは。

The following two tabs change content below.
ウワグチ タカキヨ

ウワグチ タカキヨ

店主うさぎとぼく
大阪・阿倍野昭和町にある築80年の長屋で営む珈琲店「うさぎとぼく」店主。魚座、O型。元福祉職、キャリアカウンセラー。精神保健福祉士。現在、セミナーの準備中です。 左側のアイコンは店主個人のSNSアカウントです。