2020/08/03(Mon) 09:30 - 18:00
店頭販売+カフェ営業

うさぎとぼくの最近のノラネコ事情、不妊手術に協力的な動物病院「げんき動物病院」さんがオープン【阿倍野・昭和町】

この記事は約3分で読めます。
野良猫さん、激おこで去っていきました

野良猫さん、激おこで去っていきました

TwitterやFacebookで投稿していたノラネコさん。
無事に去勢手術も終わり、激おこでお店に帰ってこられたので、そのまま店裏へリリース。

お世話になった猫ボランティアさんが「また(カゴに)かかるわ、オスはバカだから」と言い残して帰ってきました…。

近所をウロウロしている子猫を捕まえようとしたら、やってきたのは知らない子。明日、不妊手術に連れて行ってもらうことになったので、今日はお店にお泊り。やっぱりこのあたりは美形が多いなぁ。

うさぎとぼく – usabokuさんの投稿 2016年8月31日水曜日

ベロがちょんと出ていたので、顔は美形だけどちょっとマヌケっぽい。
またオマエか…と言ってみたい気もします。

うさぎとぼくの周辺では、また子猫を見かけるようになりました

うさぎとぼくと、これまでのノラネコ話 (Tag:ノラネコ)

諸事情でお店の屋根裏にノラネコが住み着くようになったので、取り組み始めたノラネコの保護と不妊手術。
ちょうど1年になるんだなぁ…と。

今回お世話になったのは、はじめてのボランティアさん。
来店時に「なんで(保護を)やってるんですか?」と尋ねられたので経過だけお伝えしたんですが、引き続きやっている理由は店主にも分からず。
手術をしていないノラネコを見ると捕まえたくなる、という異常な性癖が身についたといったところでしょうか。

ここ最近、お店の周りで子猫を2匹見かけるようになったので、小さいうちに保護したほうが良いなと、急いでカゴを設置するようになりました。
これから出産の季節。身ごもっている猫もいるみたい。

予定外のオスネコがやってきたので少し予定もズレましたが、引き続き様子を見ていければなぁ…と思っています。

もしかしたら、来店時いただいたときに店内で保護中の場合もあると思いますが、ご了承ください。

今回お世話になったのは、新しくオープンした「げんき動物病院」さん

今回、ボランティアさんに連れて行ってもらった病院は、桃山高校の南側に最近オープンした「げんき動物病院」さん。

げんき動物病院 Website / Facebook

大阪ねこの会 どうぶつ基金 の協力病院になっておられます。
ノラネコのTNRに協力的なお医者さんが近くにできて、本当にありがたいなぁ…と。

さくらねこ・TNRとは (どうぶつ基金Websiteより)
Trap(トラップ): 捕獲すること
Neuter(ニューター): 不妊手術のこと
Return(リターン): 猫を元の場所に戻す

大阪ねこの会に入っていると割引価格で。どうぶつ基金のチケット(申請要)があると無料になるそう。
ノラネコの不妊手術は基本的に自腹。これまでずいぶんと出費がかさんでいたので、店主としてもずいぶんと助かります。支出もこれまでの半額ほどに。

ということで、店主も早速「大阪ねこの会」に入会申込をしました。

これで、予定外の見知らぬノラネコが捕まっても、ちょっと安心。病院も一度様子を見に行けたらなぁ…と思います。

関連リンク
・げんき動物病院 Website / Facebook
大阪ねこの会
どうぶつ基金

Translate
タイトルとURLをコピーしました