2020/08/03(Mon) 09:30 - 18:00
店頭販売+カフェ営業

焙煎豆の冷却用に羽が逆回転するサーキュレーターを買いました

この記事は約2分で読めます。
新しくサーキュレーターを買いました。

新しくサーキュレーターを買いました。

7月7日、晴れ、気温35℃…。

久しぶりの喫茶営業。気候はすっかりと夏に。店内はエアコンをつけていてもジリジリと日差しが入ってくるので蒸しあがってしまうかのよう。天の川で水浴びでもしたくなるような気分でした。

さて…、

ここのところ固めの記事が多かったので、なんでもないようなお話を…。

焙煎したコーヒー豆の冷却用に逆回転するサーキュレーターを買いました。

木目調のシックなデザインがお店にピッタリ

木目調のシックなデザインがお店にピッタリ

オープンしばらくからお店で使っていたサーキュレーター。
営業中はずっと稼働しているので、気がつくとイチバン強い設定にしていても羽が目視できるくらいの回転スピードになってしまいました。

ウチのようにオーダーを受けてから焙煎するお店では、焙煎したてのコーヒー豆を冷却するのにサーキュレーターを持っていると便利なんですね。焙煎機でも冷却はできるんですが、機械に油がまわりやすかったり、冷却中は焙煎ができなかったりと色々不便なことも…。
なので、うさぎとぼくとしてはサーキュレーターが必需品。手焙煎をされている方にも便利かも知れませんね…。

購入にあたってのポイントは、コーヒー豆が入った網を置くために前面がフラットなこと、羽を真上に向けることができること。

で、写真が色々とネットで検索していて見つけたサーキュレーター。購入にあたってのポイントをクリアしているだけでなく、長屋のお店にピッタリなな木目調のデザイン。さらに羽を逆回転できるので、豆についている渋皮(チャフ)も飛び散らない。

なかなか良いのを見つけたなぁ…と。

タイマー・首振り・アロマ機能など、必要のない機能も色々とついていますが…。

下向に風がくるので、色んな楽しみ方ができそうです。

下向きに風がくるので、色んな楽しみ方ができそうです。

下向きでもメッチャ風がくる。

土台はぐらつきやすさも少しありますが、逆回転させても風量はなかなかのもの。
色んな楽しみ方ができそうです。

DCサーキュレーター ダークブラウン(木目調) EFT-1606DB

Translate
タイトルとURLをコピーしました