• 阿倍野のカフェうさぎとぼくの店舗情報ページ
  • 阿倍野昭和町のカフェや雑貨店などの情報ページ
  • うさぎとぼくオンラインショップ・通販

自分たちのできること、やるべきことをしっかりと…

今週分の焼菓子が売り切れました

今週分の焼菓子が売り切れました

カウンターにiPadを置いて、仕事をしながらテレビで地震のニュースをずっと見ていました。

店主の父親が熊本の天草出身。
熊本には親戚もいるので、個人的には東日本大震災よりも身近で不安になる出来事。無事とのことでとりあえずホッとしましたが…。
自分たち自身もこれから何があるか分からないので、しっかり備えだけはしておこうと夫婦で確認しました。

朝からそんな様子。今日は自粛ムードでお客様も少ないだろうなぁ…と思っていたんですが、出だしはゆっくりだったものの、営業が終わってみると普段と変わらない忙しさ。

心配は続くけれども、自分たちは普段と変わらず…。
今日のお店での様子を見ていると、お客様のほうがよく分かっているみたい。

東日本の震災直後はイベントを中止するところが多かったけれど、今回はそれほどでもないような…。意識は確実に変わっているんだろうなぁ…と。

同情するなら金送れ。ドラマの名言。

自分たちの仕事の基本は「自分のできることで誰かの役に立つこと」。
商人として今自分たちができること、やるべきことをしっかりと見直しながら取り組めればと思っています。

微力ながらもしっかりと経済を回す。稼いで使う。
なにごともなければ、明日も変わらず営業の予定です。

よろしくお願いします。

熊本地震の支援・募金・義援金情報まとめ【この記事はコピーして使っていただいて構いません】
The following two tabs change content below.
ウワグチ タカキヨ

ウワグチ タカキヨ

店主うさぎとぼく
大阪・阿倍野昭和町にある築80年の長屋で営む珈琲店「うさぎとぼく」店主。魚座、O型。元福祉職、キャリアカウンセラー。精神保健福祉士。現在、セミナーの準備中です。 左側のアイコンは店主個人のSNSアカウントです。

記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

うさぎとぼくの情報をチェックする

この記事をお届けした
うさぎとぼくの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!