• 阿倍野のカフェうさぎとぼくの店舗情報ページ
  • 阿倍野昭和町のカフェや雑貨店などの情報ページ
  • うさぎとぼくオンラインショップ・通販

ボタモチは然るべきところに落ちてくる

検索ワードのほとんどが同じお店について

検索ワードのほとんどが同じお店について

なかなか爽快なブログの検索ワードの画面、ほとんどが同じお店について。

メディアの影響って、だんだんと少なくなっていると思っていたんですが、どうやらそうでもないようです。
SEO対策についてもまだ意識しておく必要があるんだろうなぁ…と。

昨日のテレビ番組で近隣のお店が紹介されていました

昨晩、テレビ番組「今ちゃんの実は…」で昭和町エリアの放送があったようです。
紹介されたのは、「点心とお酒のお店 S.201」さん、「洋食 ふきのとう」さん、「ちゃんこ 雷光」さんの3店舗だそう。まだ観ていないので、これから録画を観ようと思っています。

おかげさまで、今日のブログの検索流入の大半が「S.201」さんについて。お店について書いた記事が1100pv(見られた数)を越えたくらい。なかなかのタナボタアクセスでした。

S.201さんについて書いた記事はコチラ。
https://usaboku-coffee.com/s201/

他に取り上げられていた、ふきのとうさんと雷光さんの記事も書いておけば良かったなぁ…と。
それにしても、阿倍野昭和町が最近アツイような気がします。

同じエリアでお店をする身としては嬉しいこと。

うさぎとぼくはテレビには出ていないけれど…

以前も、ご近所の「堕天使かっきー 」さんが、テレビで紹介されたときも同じような状態だったんですが、近隣他店がメディアで取り上げられたときにウチのブログアクセスが上がることがよくあります。

ウチはテレビには出てはいないですが、おかげ様でたくさんの方にウチの存在を知っていただけたのかも知れません。
しかも、検索しているのはおそらく「昭和町に行ける圏内の人」。

ウチとしては、ありがたいことですね。

でも本当は、ウチに入ってくるべきではないアクセスではないと思っています。

大切なのは発信の積み重ね

ウチのアクセスが増えたのはテレビの影響が大きかったことももちろんあるんですが、他に「取り上げられているお店がほとんど発信していなかった」ということも大きいかと思います。だからウチのお店にアクセスが流れた。

検索結果の画面にあるように、一緒に検索されるワードを記事に書くなど小手先のテクニックやソーシャルメディアに対する理解も少しあったりするんですが、大切なのはやっぱり「発信を積み重ねること」。

取り上げられているお店がしっかりソーシャルメディアを活用していれば、お店として伝えたい情報を伝えたい相手に正しく伝えられる。それによって、お店に行きたいと感じる人の割合が増えるだろうし、メディアの大きな影響を一過性のもので終わらさないようにできると思う。

ウチのブログへの1100pvのうち、いくらか反応があればいいのだけど、反応はそれほど高くないと思う。
自分たちの発信が見られないというのは、間違いなく「あっただろう売上を取りこぼしている」ということ。

これはゼロではなく、マイナスなのかも知れない。

発信の前提として大切なのは「お客様の知りたいこと」。ボタモチはあくまでも結果としてのことなんですが、決して偶然ではなくて然るべきところにしか落ちてこないんだろうなぁ…と。

ブログのアクセスを見ながらそんなことを思いました。。

The following two tabs change content below.
ウワグチ タカキヨ

ウワグチ タカキヨ

店主うさぎとぼく
大阪・阿倍野昭和町にある築80年の長屋で営む珈琲店「うさぎとぼく」店主。魚座、O型。元福祉職、キャリアカウンセラー。精神保健福祉士。現在、セミナーの準備中です。 左側のアイコンは店主個人のSNSアカウントです。