• 阿倍野のカフェうさぎとぼくの店舗情報ページ
  • 阿倍野昭和町のカフェや雑貨店などの情報ページ
  • うさぎとぼくオンラインショップ・通販

うさぎとぼく、有機野菜の販売までの待合室に

うさぎとぼく

夜のうさぎとぼく

久しぶりに店主の体調不良。
まだ少しスッキリとはしないんですが、明日から通常営業の予定です。

お休み中に「コーヒー淹れたいなぁ」と思うのは、少しずつコーヒーマンになってきたということなのかな…と、そんな風に思っています。

さて…、

明日10/29(木)は、夜の19時頃からお隣のBodyLaboさんの前で、有機野菜の販売があります。
今のところは隔週でお越しになる予定だそう。

淡路島から来られるので、車の到着が少し前後することもあります。
だんだんと寒くなってきたこともあるので、閉店時間の18時から 20時前まで、野菜の販売をお待ちいただく間はお店を開けておこうかなと思っています。

とは言っても通常営業ではなく、普通に待合室代わりに使っていただく感じ。
ご希望があれば、紙コップになりますがドリンクの販売も。また、焙煎機もつけたままにしていますので、コーヒー豆のご用意もできるかと思います。

18時以降にお店が開いているのは、たぶんオープン以来はじめてのことではないかと。なかなかレアですね。

ではでは。

The following two tabs change content below.
ウワグチ タカキヨ

ウワグチ タカキヨ

店主うさぎとぼく
大阪・阿倍野昭和町にある築80年の長屋で営む珈琲店「うさぎとぼく」店主。魚座、O型。元福祉職、キャリアカウンセラー。精神保健福祉士。現在、セミナーの準備中です。 左側のアイコンは店主個人のSNSアカウントです。
うさぎとぼく、有機野菜の販売までの待合室に
この記事をお届けした
うさぎとぼくの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

うさぎとぼくの情報をチェックする