• 阿倍野のカフェうさぎとぼくの店舗情報ページ
  • 阿倍野昭和町のカフェや雑貨店などの情報ページ
  • うさぎとぼくオンラインショップ・通販

近所に住むノラネコの話、無事に…?

屋根の上に住みついていた、もう1匹のノラネコ

屋根の上に住みついていた、もう1匹のノラネコ

うさぎのコーヒー屋なのに、ネコの話ばかりしています。
ご了承ください。

裏のマンションの住人が、お店の屋根にエサをまき始めてから住み着いてしまった2匹のノラネコの話。

はじめにキジトラの子ネコを保護して、その後に見知らぬネコも2匹保護。
そして、もう1匹の子も今回やっと保護できました。

この子もすごい美形のネコ。

深夜にカゴから逃げ出したので、徹夜で店内を捜索。明け方まで焙煎機や荷物を動かして…というハプニングもありながら、昨朝ボランティアさんと一緒に病院へ。

2匹とも無事に

お店にいた2匹とも無事に

お店に住み着いていた2匹への対応は無事に終了して、ほっと一息。
ボランティアさんやお客様と「大きいほうのグレーがお母さんなんでしょうねぇ」と話しながら、無事にエンディングという感じだったんですが…。

グレーの子、なんとオス猫でした…。

まだ、母親が存在しているかもしれないということ。それぞれ別々の親かも知れないし…。
周辺のノラネコはまだ増えていくかもしれない。

キジトラちゃんは女の子、グレーは男の子。
とりあえず、この2匹がそのまま大きくなっていくと、屋根裏で出産ということもあったので、対応できたのは良かったです。

もう屋根裏に住み着いているネコはいなくなったので、お店としては大丈夫といえば大丈夫なんですが…。
なんか、もうほっとけないですね…。
1度関わってしまった以上、一区切りつくまでは様子を見ていきたいと思っています。

ということで、保護活動はこれからも続く予定…。

直後に新顔さんの姿も…

直後に新顔さんの姿も…

周辺にはまだまだいそう…。

ノラネコについて考え始めたばかりなので、どうすることが正解なのかは、まだ分からず。
自分たちのすることかと聞かれても、それもよく分からず。

保護自体も、ネコの怒った顔や怯えた顔ばかり見るので、なかなか心苦しいんですが、現時点でこうあるべきだと思っていることを、続けられたらと思っています。

目を向けるキッカケになったのは良かったのかなぁ…と。

関連記事
ノラネコの話 記事一覧

The following two tabs change content below.
ウワグチ タカキヨ

ウワグチ タカキヨ

店主うさぎとぼく
大阪・阿倍野昭和町にある築80年の長屋で営む珈琲店「うさぎとぼく」店主。魚座、O型。元福祉職、キャリアカウンセラー。精神保健福祉士。現在、セミナーの準備中です。 左側のアイコンは店主個人のSNSアカウントです。

記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

うさぎとぼくの情報をチェックする

この記事をお届けした
うさぎとぼくの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!