• 阿倍野のカフェうさぎとぼくの店舗情報ページ
  • 阿倍野昭和町のカフェや雑貨店などの情報ページ
  • うさぎとぼくオンラインショップ・通販

店内奥の席も過ごしやすい季節に

阿倍野 カフェ うさぎとぼく

お店の奥の席、元々はお庭だった場所

先日から提供している秋のブレンド「秋唄」。
今週はエスプレッソにも使っていました。バランスが取れていてなかなか良い感じ。
定休日明けもこのままでいこうかなと思っています。

日中、お客様がたくさんおられる時間帯には、まだ冷房をつけているんですが、ずいぶんと過ごしやすい季節なってきましたね。
入口のドアを開けていると、心地よい風が奥の席に向かって抜けていきます。
これも長屋の良さなのかなぁ…と。

奥の席はトタン屋根。
夏場は暑くて、冬は暖房をつけても暖かい空気が抜けてしまうので、過ごしにくさを感じることもありますが、今はすごく良い時期。
コーヒーを飲みながら落ち着いて過ごせるので、好んで座られる方も多いです。

店主も定休日はこの場所で、コーヒーを片手に事務作業。

2名掛けのテーブルがふたつ。
一応、喫煙のお席なんですが、気にならない方はどなたでもどうぞ。

ただ気になるのは、裏のマンションが外壁の塗装作業中なので、ちょくちょく窓の外に人がいること。

なんかラッキーと思うくらい、なかなかのサプライズです。

うさぎとぼく

The following two tabs change content below.
ウワグチ タカキヨ

ウワグチ タカキヨ

店主うさぎとぼく
大阪・阿倍野昭和町にある築80年の長屋で営む珈琲店「うさぎとぼく」店主。魚座、O型。元福祉職、キャリアカウンセラー。精神保健福祉士。現在、セミナーの準備中です。 左側のアイコンは店主個人のSNSアカウントです。