• 阿倍野のカフェうさぎとぼくの店舗情報ページ
  • 阿倍野昭和町のカフェや雑貨店などの情報ページ
  • うさぎとぼくオンラインショップ・通販

KINTOのカラフェ、久しぶりに「こんなのが欲しかった」と思うようなコーヒーの器具でした

KINTO SLOW COFFEE STYLE

KINTO SLOW COFFEE STYLE
カラフェセット

コーヒーの器具の話を書くのは、4年以上Blogを書いてきてはじめてかもしれません。
お休みの日に、自分でコーヒーを淹れるときの定番になっているくらい、お気に入りになっています。

KINTO SLOW COFFEE STYLE
・ペーパー用のカラフェセット
・ステンレスフィルター

ペーパー用カラフェセット

何が良いってね…オシャレですよね。
テーブルに置いていても映えるし、使っていると気持ちが豊かになるというか、満足度が高い。
いい時間を過ごしているなぁ…みたいな気分になる、そんな器具。

オシャレコーヒー器具の代名詞と言えば、Kemex (ケメックス) だと思うんですが、個人的な好みでは、6cup用は大きすぎるような気がするし、3cup用は全体的に細いフォルムが何か違うような…。

でも、このKINTOのカラフェは2cup用も4cup用もどちらもコロコロとしてかわいい。
コーヒーだけじゃなく、ワインやオレンジジュースなんかが入っていても合う感じ。レンジ対応だし、なにかと便利そう。

で、普通にどこでも売っている円錐用のペーパーフィルターに対応しているのが、何よりもありがたいんですよね。

日本人の心遣いというのが、盛り込まれているような気がします。

KINTO SLOW COFFEE STYLE

プラスチックのドリッパーと、豆の軽量や抽出後のフィルター受けに使える目盛りのついたホルダーがセット

パッケージもオシャレ。
プレゼントとしても喜ばれそうです。

抽出も普通のドリッパーよりも気分的に楽しい。
同じKINTOのステンレスフィルターのほうが、しっくりくるんですが、4cup用ならKONEのフィルターもなんとか使えそうです。(若干の遊びはありましたが…)

メーカーには、ステンレスフィルターのセットもあるんですが、現在はペーパー用のドリッパーが別売りで用意されていないので、お店ではペーパー用のカラフェセットと、別売りのステンレスフィルターを取り扱いしています。

ステンレスフィルター

KINTO SLOW COFFEE STYLE

ステンレスフィルター

別売りのステンレスフィルター。
ペーパーフィルターと違ってコーヒーの油分も一緒に抽出されるので、味に奥行きが出るような気がします。
ちょっと違った味わいを楽しみたいときに良さそう。

自分はもう1杯飲みたいなぁ…というときに、ペーパーとステンレスで淹れ分けたり。

KONEのステンレスフィルターと比べると、ステンレスの継ぎ目が指に引っかからず優しい感じ。
HARIOやKONOなどの円錐ドリッパーにもピッタリとフィットします。

4cup用ならクレバードリッパーのLサイズでも使えそう。2cup用とクレバーのSサイズは微妙な感じでした。

あらためて色んな器具を試したり合わせてみると、コーヒーって本当におもしろいなぁ…と。

ということで、このペーパ用カラフェとステンレスフィルター、お店に置きはじめましたという宣伝記事でした。

関連リンク
KINTO SLOW COFFEE STYLE

関連記事 (あわせてお読みください)
https://usaboku-coffee.com/slowcoffeestyle-02/

The following two tabs change content below.
ウワグチ タカキヨ

ウワグチ タカキヨ

店主うさぎとぼく
大阪・阿倍野昭和町にある築80年の長屋で営む珈琲店「うさぎとぼく」店主。魚座、O型。元福祉職、キャリアカウンセラー。精神保健福祉士。現在、セミナーの準備中です。 左側のアイコンは店主個人のSNSアカウントです。

記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

うさぎとぼくの情報をチェックする

この記事をお届けした
うさぎとぼくの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!