• 阿倍野のカフェうさぎとぼくの店舗情報ページ
  • 阿倍野昭和町のカフェや雑貨店などの情報ページ
  • うさぎとぼくオンラインショップ・通販

寒くなると増える、うさぼく冬の風物詩「滑りこみモーニング」…

IMG_0366.JPG

11時前になると、滑りこむように…

昨日の定休日は、目がさめると室温が9度。あまりの寒さに布団から出れず。
しばらく布団をかぶったまま、横になりながら夫婦で話をしていました。

自分たちがそんな怠惰な様子なので、冷え込みがすごい今日はゆったりだろうなぁ…と気を抜いていたら、朝からパタパタと。

ただただ感心するばかりです…。

さて、寒い日が続くと、やはりお客様の動きも自分たちのようにゆっくり。8時オープンからのお客様は少なく、10時ごろから続いてご来店になることが多いです。モーニングが終了する間際の11時前にどっと滑りこむように、お客様の入店が続くことも。

先日もそんな感じで、片付け、洗い物、案内、提供がどんどん遅れ、モーニングがお昼ごはんの時間に。お昼過ぎにどうにも回らなくなったので、いったん閉店しました。

夫婦2人での仕事なので、何かと限界も…。そんなときは、ただただ「あぁ、キャパ越えたぁ」と、天井を見上げることしかできないんですね…。

まぁ、タイミングによりけりなんですが、冬になると、そういう状況が何かと起こりえますので、あらかじめご了承いただければ…というお話です。

土日は特に気持ちに余裕を持ってご来店いただければと思います。

ではでは。

The following two tabs change content below.
ウワグチ タカキヨ

ウワグチ タカキヨ

店主うさぎとぼく
大阪・阿倍野昭和町にある築80年の長屋で営む珈琲店「うさぎとぼく」店主。魚座、O型。元福祉職、キャリアカウンセラー。精神保健福祉士。現在、セミナーの準備中です。 左側のアイコンは店主個人のSNSアカウントです。

記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

うさぎとぼくの情報をチェックする

この記事をお届けした
うさぎとぼくの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!