• 阿倍野のカフェうさぎとぼくの店舗情報ページ
  • 阿倍野昭和町のカフェや雑貨店などの情報ページ
  • うさぎとぼくオンラインショップ・通販

縁を紡いでいくというのも、お店の役割としてあるのかもしれない…

IMG_9443.JPG

いただいたルームシューズ、店主がピンク色のほうを取りました

定休日。買い出しや明日からの準備。汗をかいては寒くなったり、日中の気温差がなかなか堪えます。

さて…、先日心斎橋にある「燻製バーにかいや」さんから、うさぎのルームシューズをいただきました。オープン当初からのウチのお客様。先月から新しいお店をはじめられたので、遅ればせながらお伺いしてきました。
心斎橋のGU(ジーユー)から一筋東の雑居ビルの2階にあるお店。心斎橋にはよく買い出しへ行くけれど、飲み屋さんがたくさんあるところにはほとんど行かないので、うさぼく夫婦にとってはすごく新鮮でした。

仲良くさせていただいているコンフィデンスカフェさんに行っていただいたそうです。またコンフィデンスカフェさんも、にかいやさんに足を運んでいただいたそう。これって、嬉しいことですよね。

ブログや店内で、他のショップをご紹介することも多いからか、気がつけば自分たちの周りでつながりが増えていることも多いです。自分たちはあまり行けてなかったりするお店でも、お客様が自分たちよりもそのお店と仲良くなっていて、気づけば何か蚊帳の外のような寂しい気分を味わったりすることも…。

でも、それもまた良いこと。

どこのお店でも同じなのかも知れないですが「縁を紡いでいく」こともお店の役割なのかもしれないなぁ…と。周りで色んな人が繋がっていくのを見て、そんなことをよく感じます。

この人こんなん好きそう…という発想の軽いタッチの紹介が多いですが、人の縁というのも意識してお店の営業ができれば…と思うのでした。

関連リンク
Confidence Cafe

The following two tabs change content below.
ウワグチ タカキヨ

ウワグチ タカキヨ

店主うさぎとぼく
大阪・阿倍野昭和町にある築80年の長屋で営む珈琲店「うさぎとぼく」店主。魚座、O型。元福祉職、キャリアカウンセラー。精神保健福祉士。現在、セミナーの準備中です。 左側のアイコンは店主個人のSNSアカウントです。
縁を紡いでいくというのも、お店の役割としてあるのかもしれない…
この記事をお届けした
うさぎとぼくの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

うさぎとぼくの情報をチェックする