• 阿倍野のカフェうさぎとぼくの店舗情報ページ
  • 阿倍野昭和町のカフェや雑貨店などの情報ページ
  • うさぎとぼくオンラインショップ・通販

カフェでIKEAの食器を使っているとガッカリ…IKEA商品を使う場合は「イケ隠し」を

色々と学ぶことが多い旅行でした

石段地ビールは、他店で定価で買いました

信州松本での帰省の間、少し足を伸ばして伊香保温泉まで行ってきました。
駐車場は満車になっているところが多かったですが、メインの石段街にはあまり人がおらず。
朝方の気温は10℃台。店主の好きな寂れ感のある写真も撮れたし、落ち着いた雰囲気で過ごしやすかったです。

温泉街や旅館はゆったりできるだけでなく、学ぶことが多いので大好きです。

オシャレな旅館、グラスはIKEAでした

地酒飲み比べセットのグラスはIKEA製でした

地酒飲み比べセットのグラスはIKEA製でした

宿泊した旅館は、食事場所も庭園のなかにある個室だったり、内装もすごく凝っていてオシャレ。食事も良かった。
旅館での食事では絶対に地酒と決めているので、地酒の飲み比べセットを。ただ、グラスがIKEA製。冷酒用のグラスっていくらでもあるやん…と思うんですが、まさかのIKEA。

店主はお酒を飲んでいい感じだったので注意力は散漫でしたが、夫人はお酒を注ぐ前に「これIKEAやね…」と気づいていました。IKEAの食器って底面に大きめにIKEAって印字してあって、グラスは飲んでいると、底にIKEAのロゴが見えてくるんですよね。

夫人の「IKEAやね」の言葉の後にあった、しばしの沈黙のなかには色々な含みがあるんだろうなぁ…と。IKEAのロゴを見た瞬間に、夫人の目が死んでたような気もします。

IKEAのグラスを使って何が問題なん?と聞かれると困るんですが、家ではいいけど、お店にはふさわしくないなぁ…と。例えるなら「カフェのスタッフ全員が上下ユニクロを着てる」というのと同じ感じでしょうか。

前に記事に書いた「なんか違う」と共通するものがあるような。

なんか違うと言われるお店、それはおそらく誰に喜んでほしいかがハッキリしてないから
午前中はすごい雨で店内も雨漏りしていましたが、午後にはなんとかおさまってくれました。 気温も少し下がったからか、雨の日の割にはたく...

IKEAの商品を使う場合は「イケバレ」しないように「イケ隠し」を

ウチもイチバン目立つ容器がIKEAでした

ウチもイチバン目立つ容器がIKEAでした

ウチもオープン前はちょこちょことIKEAに足を運んでいたので、使っているものも多いです。
思い出してみると、店内でイチバン目立つ生豆の容器がIKEA。IKEAのディスプレイスペースぐらいIKEA推しになっていました。
安くて使い勝手の良いものも多いし、数もたくさんある。やっぱり便利なんですね。

でも、明らかにIKEAだとわかるものをお店で使うのはちょっと。
IKEA商品を使う場合には、見えるところで使わないか、明らかにIKEAだとバレないように工夫したほうがいいかなぁ。

IKEAで食器を物色していたときも「これはウチのお客様には合わないなぁ…」と感じたように思います。

お客様にはちゃんと選んだ食器を使いたい。
お店としてのしつらえや、お客様へのもてなしの話でしょうか…。

カフェでもIKEAのグラスを見かけることがときどきあるので、記事を読む人のなかには「あれ、これはウチの店がディスられてる?」と思う方がおられるかも知れませんが…。
IKEAのグラスをお店で使っていると、お客様は言葉に出さなくても、なんとなくガッカリする人が多いんじゃないかなぁ…と。

そんな風に思っています。

そんな学びも含めて、旅行ってやっぱり楽しいなぁ…と。

The following two tabs change content below.
ウワグチ タカキヨ

ウワグチ タカキヨ

店主うさぎとぼく
大阪・阿倍野昭和町にある築80年の長屋で営む珈琲店「うさぎとぼく」店主。元福祉職、キャリアカウンセラー。精神保健福祉士。現在、セミナーや通販の準備中です。 左側のアイコンは店主個人のSNSアカウントです。