• 阿倍野のカフェうさぎとぼくの店舗情報ページ
  • 阿倍野昭和町のカフェや雑貨店などの情報ページ
  • うさぎとぼくオンラインショップ・通販

さりげないこだわりを演出してモテるための、キッチンスケールとコーヒー用タイマーアプリの話

コーヒー用のキッチンスケール

コーヒー用のキッチンスケール

コーヒーの抽出を安定させようと思ったら時間と重さは測ったほうが良い

昨年、お客様との会話のなかででた内容。

夫婦でお店をしているので、コーヒーを抽出するときに味にバラつきが出にくいようにと、コーヒー用のキッチンスケール(電子ばかり)を使っています。
時間と注いだ湯量が同時に測れるもの。
抽出を安定させようと思ったら、やっぱり測ったほうが良いです。

普段、お店で使っているのは、写真左側のHARIOのスケール。お店でも販売しています。
右側のは、acaia(アカイア)というBluetoothでアプリと連動できるもの。ブルーボトルとかでも使用されてます。店主自身は常時使っていると「いきってる感じ」が出すぎて気持ち悪くなってしまうので、たまにしか使っていません。これを実際に自宅で使っている人がいたらドン引きされると思う。

こんな感じのものが、コーヒー用のツールとして販売されています。
左側の安いのでも5000円くらい。

便利なんですけどね、いかにもな感じもするし、ちょっと割高かも…。

市販のキッチンスケールとタイマーでも、もちろん大丈夫

キッチンスケールとタイマー

Amazonで買ったキッチンスケール

もちろん、市販されているキッチンスケールとタイマーでも問題ないです。
安く揃えようと思ったら、100均で揃うかも知れません。
ただ、安っぽく見えるものやファンシーなものは、なんかダサく思われるので避けたほうがいいです。

Amazonでキッチンスケールを探すとなかなかプロっぽく見えるシルバーのオシャレなものもあるし、0.01g単位で測れるものも1000円台からある。タイマーはiPhoneやiPodで。

家庭では、こっちのほうが「さりげなくこだわってる感じ」がして、おそらくモテると思います。
こだわった上であえてのチョイスみたいな…、そんな感じ。

コーヒー用のタイマーアプリ「Coffee Clock」

coffee clock

Coffee Clock

タイマーは、iPhoneの純正アプリでも問題ないんですが、AppStoreを探すとコーヒー用のタイマーアプリもいくつか出ています。
これでこだわり感がさらにプラス。
店主も試しにいくつか買ってみたんですが、今のところCoffeeClockだけ削除せず残しています。(たぶん120円)

抽出の器具ごとに時間を設定して保存できたり、湯量に対しての豆量を計算する機能もついています。フレンチプレスやクレバードリッパーで淹れるときに便利ですね。

Kieran Gleeson「Coffee Clock ~ Coffee and Tea Brewing Timer」(App Store)

という感じの内容を、年末にお客様としていました。

行きすぎず、さりげないこだわりを演出してモテるための、キッチンスケールとタイマーの話。
ホームユースでは、あえてプロ仕様の道具を避けるという選択。

丁寧な生活を大切にするサードウェーブ男子向けの話題でした。

まるで、自分の店で売っているキッチンスケールを買うなと言っているみたいですが…。大丈夫かな。

The following two tabs change content below.
ウワグチ タカキヨ

ウワグチ タカキヨ

店主うさぎとぼく
大阪・阿倍野昭和町にある築80年の長屋で営む珈琲店「うさぎとぼく」店主。元福祉職、キャリアカウンセラー。精神保健福祉士。現在、セミナーや通販の準備中です。 左側のアイコンは店主個人のSNSアカウントです。