• 阿倍野のカフェうさぎとぼくの店舗情報ページ
  • 阿倍野昭和町のカフェや雑貨店などの情報ページ
  • うさぎとぼくオンラインショップ・通販

何気なく過ごしている日常も、かけがえがなくてありがたいこと

結婚した年のワインを買いました

結婚した年のワインを買いました

6月12日は、ブラジルでは「恋人の日」。
恋人同士が写真立てに写真を入れ交換しあうらしいです。
なんだか気持ち悪いですね。

6月12日は、うさぼく夫婦の結婚記念日

さて…、今日はうさぼく夫婦の結婚記念日。
早いもので12年、付き合いはじめてからはちょうど16年になります。
干支がひとまわり。ちょっとした節目だなぁ…としみじみ。

ちょこちょこと投稿をしているので、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、うさぼく夫婦にとって結婚記念日のお祝いは毎月のイベント。
もちろん節目節目を大切にという気持ちもあるんですが、やっているのは、ただ「感謝の気持ちや愛の言葉を毎日伝えられないから」という理由なのかも…。
毎日のように言えるのなら、毎月お祝いをしなくてもたぶん大丈夫だと思う。

ただ残念ながら、控えめな日本人特有の性格。
ジローラモさながら毎日愛をささやいたり、何もない日に花束を買ったりしたいんですが、それも気持ち悪い。
あらかじめ機会があったほうが、気持ちもラクですよね。今日は恥ずかしげもなく言える日みたいな、そういう日。

ありがとうの反対語は、あたりまえ

話は変わりますが、Facebookで流れてきた記事のなかに「ありがとうの反対語は、あたりまえ」という言葉がありました。
有り難い(めったにない)という言葉を考えると、そういうことらしいです。

たぶん、夫婦で何気なく過ごしている日常も、あたりまえではなく、かけがえがなくて「ありがたい」こと。
感謝の気持ちは忘れてはいけないなぁ…と。

お店についても同じこと。

毎日の一分一秒が奇跡ということなんでしょうか…。

とは言っても、ヒトは忘れる生き物。そんなことは毎日の忙しさで頭の隅に追いやられてしまうので、やっぱり自分たちにとっては節目の日がより必要になるわけです。
それが、1年に1回だとおそらく足りない。なので、月1回は必ず。

そして、今日はイチバンの節目の日。

で、結局、何が言いたいかというと、お祝いをするので今日は早じまいということ。

ではでは、よろしくお願いします。

The following two tabs change content below.
ウワグチ タカキヨ

ウワグチ タカキヨ

店主うさぎとぼく
大阪・阿倍野昭和町にある築80年の長屋で営む珈琲店「うさぎとぼく」店主。元福祉職、キャリアカウンセラー。精神保健福祉士。現在、セミナーや通販の準備中です。 左側のアイコンは店主個人のSNSアカウントです。
何気なく過ごしている日常も、かけがえがなくてありがたいこと
この記事をお届けした
うさぎとぼくの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

情報をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

うさぎとぼくの情報をチェックする