大切にしていること 2:福祉施設商品の取り扱い

オガリ作業所

うさぎとぼくがお店として大切にしていることの、2つ目のお話です。

2 福祉施設商品の取り扱い

うさぎとぼく夫婦は、これまで障がい者施設で働いていたので、お店をはじめてからも、障がいのある方とのつながりを持っていたいと考えていました。

施設で作られた商品を販売することで、障がいのある方の所得保障や社会的な評価につなげることができればと思って取り組んでいます。
福祉施設商品を取り扱うNPO法人や製造施設と連携。主にパッケージデザインなどに力を入れています。
福祉施設の商品という意識ではなく、ごく一般に良いものとして受け入れられるように。
福祉施設との橋渡しとして、お店の役割があると思っています。

協力事業所:

  • 認定NPO法人トゥギャザー (大阪市)
  • オガリ作業所(大阪市住吉区)
  • 第2せんぼく障害者作業所(堺市)

パティスリーとっと

パティスリーとっと

パティスリーとっと
認定NPO法人トゥギャザーが福祉施設商品を販売するショップが、梅田スカイビルB1滝見小路にオープン。店主は店頭看板とパッケージのデザインをお手伝いさせていただきました。

関連リンク

取扱商品
ギフトセット | 福祉施設商品 | オリジナル商品 | コーヒー器具 ※商品はすべて税抜き表示になっています。 ギフトセット ...
大切にしていること 1:焙煎したてのコーヒー豆をお渡しすること
うさぎとぼくがお店として大切にしていることのひとつが「 焙煎したてのコーヒー豆をお持ち帰りいただくこと」です。
http://usaboku-coffee.com/info/taisetsu-3

店舗案内・アクセス のページへ戻る

The following two tabs change content below.
ウワグチ タカキヨ

ウワグチ タカキヨ

店主うさぎとぼく
大阪・阿倍野昭和町にある築80年の長屋で営む珈琲店「うさぎとぼく」店主。元福祉職、キャリアカウンセラー。精神保健福祉士。現在、セミナーや通販の準備中です。 左側のアイコンは店主個人のSNSアカウントです。
大切にしていること 2:福祉施設商品の取り扱い
この記事をお届けした
うさぎとぼくの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

情報をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

うさぎとぼくの情報をチェックする