• 阿倍野のカフェうさぎとぼくの店舗情報ページ
  • 阿倍野昭和町のカフェや雑貨店などの情報ページ
  • うさぎとぼくオンラインショップ・通販

Hanako FOR MEN 特別保存版 カレー。で、コーヒー。に掲載いただいてます

朝コンビニへ行くと雑誌コーナーに並んでいました。

朝コンビニへ行くと雑誌コーナーに並んでいました。

今朝、近くのセブンイレブンへ行くと雑誌コーナーに並んでいたので、写真を撮ってみました。

Hanako FOR MEN 特別保存版 カレー。で、コーヒー。

Hanako FOR MEN 特別保存版:
カレー。で、コーヒー。

東京&大阪  満足カレー97皿、焙煎コーヒー60豆!
「カレー。で、コーヒー。」
カレーのおいしい店が増え続けています。
理想の味を追い求める若きカレー職人が増えているから。
彼らはカレー探求のために労を惜しまない。
SNS にアップしたくなるキュートなビジュアルのカレーも登場。
次世代カレーカルチャーの息吹を感じます。
そしてサードウェーブの波も落ち着き、成熟期をむかえたコーヒーカルチャー。
大都市圏はもちろん、地方でも“コーヒー・コミュニティ”が動きはじめています。
カレーもコーヒーも、新時代に突入。
ということでそれらの“いま”を一冊にまとめました。
まずは、カレーとコーヒーも両方とも奇跡的においしい!
と評判の下北沢「YOUNG」から始まり始まり。(Websiteより引用)

うさぎとぼくも掲載いただいています。
雑誌がだんだんと減ってくる昨今、ありがたいことです。全国誌ですしね…。

以前に取材いただいた雑誌の特別保存版です

以前に掲載いただいた雑誌の特別編集版

以前に掲載いただいた雑誌の特別保存版

3年ほど前に掲載いただいた「男の珈琲。」と、別に特集されていたカレーの特集を合わせた特別保存版。
古い情報は取り払って、少し新しい情報を加えて再編集したという感じでしょうか。

56名焙煎紳士録というコーナーに。

ウチのお店が載っているコーナーはほとんどレイアウトが同じ。
以前に載せていただいた分の校正を確認して、今とは違った部分を修正するという感じでした。
大阪で載っているロースターさんも、ほとんどが知り合いのお店さん。

この3年で大阪のコーヒー業界は激変、新しいお店もたくさんオープンしているので、もし新規で企画が上がっていたら、ウチは載せていただいていなかっただろうな…と思っています。

店主の写真も3年前のものなので、少しほっそりと

4段から3段構成になったので、スペースは少し大きく。

4段から3段構成になったので、スペースは少し大きく。

最近、店主は少しポッチャリとしてきたので、近隣のお店の方からタカキヨではなく、ポチャキヨと揶揄されて呼ばれたりしますが、写真は3年前に撮影いただいたので、ポチャキヨ以前のもの。

ちょっとビジュアルが変わっているかなぁと思います。

コーヒー豆のパッケージも以前のデザイン。現在は外枠が変更になって、地名を入れたデザインになっています。

前の掲載誌と新しい雑誌。写真の店主と現在の店主、見比べてみるのも面白いかもしれませんね。

ではでは。

関連リンク
Hanako FOR MEN 特別保存版 カレー。で、コーヒー。
うさぎとぼくのメディア掲載情報

The following two tabs change content below.
ウワグチ タカキヨ

ウワグチ タカキヨ

店主うさぎとぼく
大阪・阿倍野昭和町にある築80年の長屋で営む珈琲店「うさぎとぼく」店主。元福祉職、キャリアカウンセラー。精神保健福祉士。現在、セミナーや通販の準備中です。 左側のアイコンは店主個人のSNSアカウントです。