• 阿倍野のカフェうさぎとぼくの店舗情報ページ
  • 阿倍野昭和町のカフェや雑貨店などの情報ページ
  • うさぎとぼくオンラインショップ・通販

ノスタルジックなデザイン、うさぎとぼくのオリジナルマッチ

ストーブの季節もそろそろ終わりでしょうか

ストーブの季節もそろそろ終わりでしょうか

明日は春分の日。

ずいぶんと暖かくなってきたので、ストーブをつけるのもそろそろ終わりかも。
今日は店内には暖房は入れていませんが、居候中の三毛猫さんのゲージの前だけはストーブをつけています。

中古で買ったアラジンストーブ。火をつけるのはいつもマッチで。

マッチをするときの匂いや炎の温かさ、可愛くてレトロ雰囲気のマッチ箱。ライターでは感じることのできない、ノスタルジックな気持ちになります。

うさぎとぼくのオリジナルマッチ

サーカスのデザインで

レトロ感を意識した、サーカスのデザインで

知っている人は知っている、うさぎとぼくのオリジナルマッチ。
昨年に製作してから、お店ではずっとこのマッチを使っています。

サーカスをモチーフにした絵柄に、アンティークのマッチ箱をイメージした2色刷りのような配色。
形は昔ながらの「並型」という少し厚めのボックス型。軸頭はめずらしい黒色で。

ストーブの季節はそろそろ終わりますが、夏になると蚊取り線香に火をつけたり、キャンプなどのアウトドアで食事の準備に使ったり、営業時間終了後の競合店前で何気なく火をつけてみたり…。他にもディスプレイとして、箱だけ小物入れに使うことも。

思い思いの使い方をしていただければと…。

タグも完成したので明日から販売…と思っていたんですが、どうやら袋を買うのを忘れていたみたい。
ということで、定休日をはさんで木曜日からの販売になります。

それにしても、全席禁煙のお知らせをした次の日にマッチの販売の案内するって、いったいどうだろう…。

ではでは。

関連リンク
http://usaboku-coffee.com/goods

The following two tabs change content below.
ウワグチ タカキヨ

ウワグチ タカキヨ

店主うさぎとぼく
大阪・阿倍野昭和町にある築80年の長屋で営む珈琲店「うさぎとぼく」店主。元福祉職、キャリアカウンセラー。精神保健福祉士。現在、セミナーや通販の準備中です。 左側のアイコンは店主個人のSNSアカウントです。