• 阿倍野のカフェうさぎとぼくの店舗情報ページ
  • 阿倍野昭和町のカフェや雑貨店などの情報ページ
  • うさぎとぼくオンラインショップ・通販

あの町のお店の物語、ドリップバッグは限定パッケージで…

あの町のお店の物語 限定ドリップバッグ

松本から大阪へ帰ってきました。
外は気温がマイナスだったので、もちろん松本のほうが寒かったんですが、室内は帰ってきたほうが全然寒いです。あらためて長屋暮らしの厳しさを感じました。

さて…、1月の末から富田林寺内町の「手仕事と雑貨23番地.」さんと、昭南ビルの「ギャラリーspin」さんで開催されるイベント「あの町のお店の物語」のお話です。

過去記事:1/30(金)〜2/15(日) あの町のお店の物語 富田林寺内町と昭和町のギャラリーと雑貨店にて

うさぎとぼくは、基本的には寺内町の23番地.さんに商品を置かせていただくんですが、富田林の「珈琲豆の蔵 平蔵」さんとのドリップバッグの飲みくらべセットについては、どちらのお店でも販売の予定になっています。

ということで、普通にお店で販売しているパッケージでは面白くないので、イベント用のパッケージを作ってみました。

じないまちの古い街並みをイメージして、格子戸の向こうをうさぎとぼくや動物たちが歩いている絵柄に。ちょっと怖い感じもするような、影絵をいかしたデザインになっています。
写真の左側が23番地.さんに置いていただく用のお昼(行き)の絵柄、右側がspinさんに置いていただく用の夜(帰り)の絵柄になっています。それぞれのお店で違うパッケージに。

このドリップバッグについては、他にもちょっとした仕掛けを考え中。それはまた後日に。

関連記事
1/30(金)〜2/15(日) あの町のお店の物語 富田林寺内町と昭和町のギャラリーと雑貨店にて
お店らしさを細部にどう反映させるかなんてこと…
イベント「あの町のお店の物語」に置いていただく商品は、お店では売っていないものを…
週末から開催「あの町のお店の物語」 珈琲飲み比べセット うさぎとぼく×平蔵
金曜日から開催「あの町のお店の物語」ギャラリーspinさんで販売の珈琲飲み比べセットはアタリつきで
以前アメブロに書いたじないまちの話、お出かけの参考に…

関連リンク
・手仕事と雑貨23番地.
・ギャラリーspin
・珈琲豆の蔵 平蔵

The following two tabs change content below.
ウワグチ タカキヨ

ウワグチ タカキヨ

店主うさぎとぼく
大阪・阿倍野昭和町にある築80年の長屋で営む珈琲店「うさぎとぼく」店主。元福祉職、キャリアカウンセラー。精神保健福祉士。現在、セミナーや通販の準備中です。 左側のアイコンは店主個人のSNSアカウントです。